※観覧注意※

中の人の頭の中垂れ流し。シェーンの扱いが地味にひどい。長文注意。割愛します

 

 

 

 

 

 

 

まとめきれなかった・・・

 

追記、結果リンクから先に

 

http://xn--16-573d25rtpd1v4e.com/intp.php 

ISTP:スリルを求める人

 

http://www.egogram-f.jp/seikaku/kekka/bbcab.htm

bbcab

 

 

 

 

 

セバスの記事のサムネがこれ()だったので統一感だすついでに・・・失礼。

 

image

あと一歩のところで学者肌(セバスチャン)なりかけてますが一応完璧主義者のようです。おうふ。

 

これについてはスタバレはじめました記事の最後の方で述べていたけどここから更にグーグル先生を使って

完璧主義者について更にストーキングしてみよう。レッツストーキング!

 

参考リンク

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8C%E7%92%A7%E4%B8%BB%E7%BE%A9

 

完璧主義者とは(WIKIより)

万全を期すために努力し、過度に高い目標基準を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とする人のこと。

自分のゴールにたどり着くことをモチベーションとしている。最終的には、完璧主義者はそれを行うことに喜びを見出すのだが、しかしその目標を達成できなかった時には抑うつに陥ることが多い。

完璧主義は自殺のリスクファクターの一つである。彼らは自分に対し過度の期待を寄せている傾向があり、努力の結果が自分が求めていた基準と合わない時には自己批判を行うが、しかし彼らは世界に対して助けを求める傾向が低いため、自殺念慮のリスクが高い層である[6]。

image
自身の理想に追いつけず、妥協も出来ないまま悩みとして抱え込むケースも多い。完璧主義の人は、完璧にこだわっているわけだが、当人の人生全体を大局的に見ると、本人がこだわって目指している状態とは正反対に、人生が破綻してしまっている人も多い。また、様々な精神病理を引き起こすことが多いことが知られている。

 

image

完璧主義者は、自己嫌悪に陥る人が多い。

 

いくつもの原因が要因として考えられている。

一例を挙げれば、条件的な愛(厳密に言えば愛ではなく、自分のエゴの押し付け、とも呼べるようなもの)しか示さない両親などの保護者のもとで育てられた場合に、このような気質になってしまうことが多いことが知られている[7]。すなわち、何かがうまくできた時だけ認めたり愛情を示すが、何かができないと愛さない、というようなあからさまな態度の変化があるような親によって育てられると、子供は自分が何かがうまく実行できるかどうか、ということに(本来人間が自然に持っているおだやかな関心以上に)異常に過敏になってゆく(よって、まっとうな子育て論では、条件付で愛情を示すような親になってはならない、とされている。

もしも自身の親が「条件付の愛しか示さない親」に当てはまるようならば、親の影響から心理的・物理的に遠ざかるのがひとつの方法である。

 

 

おまえ・・・専用のツイッターアカウントだけでなく専用のWIKIまで作られていたのか・・・・・・さらに、この完璧主義者のタイプは3つに分かれるのらしい。mjsk

 

参考リンク

http://karapaia.com/archives/52195946.html

 

自己指向型
 「自己指向型」の完璧主義者は、自己に対して求める水準がきわめて高く、完璧でなければならないと考え、完璧であろうとして努力をする。

 

3つのタイプの完璧主義者の社会的行動とユーモアのセンスの違いを研究するため、229人の大学生に聞き取り調査を行った。


 その結果、「自己指向型」の完璧主義者は3つのタイプのなかで唯一、向社会的な性質を持っていることがわかった。彼らは、自己に完璧を求めるという意味で自己中心的な側面はあるものの、他者にも関心を示し、社会規範や他者の期待に対する配慮を持ち合わせている。そして、攻撃的なジョークよりも、人との関係を深めてくれる親和的なユーモアを好む傾向がある。
image 

この谷の人は確かに変な人多かったりするけどディメトリウスはともかくryそこまでの悪人はいないと思

 

 

参考リンク

https://forbesjapan.com/articles/detail/16874

 

1. 周囲にも完璧さを求める
2. 時間内に仕事が終わらない
3. 失敗を能力不足の証拠とみなす

完璧主義者は失敗を学習機会ととらえず、むしろ自分の無能さの証拠だととらえる。自分自身を厳しく批判し、ほんの小さな失敗に打ちひしがれてしまう。
4. 欠陥を隠すのに労力を費やす
5. 失敗の可能性があることを避ける

6. 成功を祝えない
「自分の頭がもう少し良ければこんなにがんばらなくて済んだのに」と言って自分を批判し続けることもある。

image
7. 何かを達成しないと自尊心を保てない
完璧主義者は、新たなことや大きなことを達成した時だけ自分に満足できる。ほんの小さな挫折や少しのミスで、人生に失敗していると感じ、意気消沈してしまう。
8. 完璧を求めるあまり精神が悪化する
非現実的な成功を求めて努力することは、精神に大きな負担を強いることになる。完璧主義と不安、強迫神経症、摂食障害、うつとの間には関係性があるとの研究結果が出ており、中には完璧主義は自殺の要因となると指摘するものもある。


9. 人生に満足できない
完璧主義者は常に失敗を恐れているため、自分の人生に心から満足することができない。完璧主義者は低ストレス環境では上手くやれることも多いという研究結果もある。

image

作者・・・色々調べてキャラクターの性格を作っていたのかもしれないな。。

 

 

参考リンク

https://seikatsu-hyakka.com/archives/3084

 

ごめんここはコピペができなかったんだけど、12こ全部当てはまるかな?的な項目があったりする。

ほぼ全部シェーンじゃないか。

ここから逆算していくと過去に何があったかわかるかもしれない。

 

 

完璧主義者は頑固である。不正は許せない。やることが多くてストレスをためている。(主に雑用係ry)執念深い。ネガティブシンキング。意見がよくぶつかる。チームのみんながやる気を出してくれない(これは弟談)→グリッドボールのチーム内で意見が対立してハブられる。

・・・コミュニケーション能力についてはどうなんだろう。愛想はないけど。できなくもなさそう。物静かそう。

しかし彼は人間関係に闇が落ちているとはあまり考えにくい気がする。なにかをやって失敗することに恐れているついでに人からの評価も気にしすぎている。クリントやエミリーとはおちゃらけているあたりそう人を信じていないわけではないと思う。初対面の主人公に対してはボロクソだったが。

もともと人見知りもあるかもしれない。

 

 

参考リンク

http://blog.hanauta18.com/entry/kannpekishugi

ここは最後のところのまとめだけピンときた。

現実にいる人をシェーンにあてはめるのもあれかもしれないけど()シェーンもいつか自分を許せるようになる日はくるのだろうか・・・

 

更にそこから興味深いリンクがあったので

http://blog.hanauta18.com/entry/jikokoutei

どうやらこの記事を書いている人本人が完璧主義者?らしくて、対策がわかるかもしれない

 

・・・・・・・なんか、自分も当てはまるなこれ()え

 

たぶんシェーンも人と比べずに自分自身の身の丈に合った目標を設定しても納得できるようになったりすれば多少は楽になれるんじゃないかな?それよりも過去のことで引きずっているんだとしたら・・・

 

な、なんか、とても考えさせられる記事だった・・・生の人間が絡んでくるとこうも深くなるものなのか;;;汗

 

 

参考リンク

http://mirrorz.jp/article/enneagram-type1/

エニアグラム診断。もっと細かい診断でもやってみるか。そうなるともっとシェーンぶらないとな()当たるかはわからないすまん

 

エニアグラム タイプ1[完全主義者]:理想が高く完全さを求める人

タイプ1は「完全主義者」「完璧を求める人」「改革する人」などと呼ばれています。精神機能の働きから言うと、思考・感情・本能(身体)のうちの本能(身体)機能が優位のタイプです。9つのタイプの中では、いちばん「まじめ」なタイプですが、まじめゆえに欲求不満を抱えてもいます。さて、あなたの中の内なるタイプ1の要素は、どれくらいあるでしょうか?

image

あなたはとても自分に厳しい人。人の行いや物事に対して、あるべき理想の姿を求めるバリバリの完璧主義者。タイプ1に間違いなさそう。9つのタイプの中では、いちばん超自我が発達したタイプです。超自我というのは、自分の中の自分を見張るもう一人の自分。タイプ1の中では、それはまさに厳しい親の声のようなもの。自分に対して「こうあるべき」「こうしてはならない」と強い命令や禁止を下します。そのため、自分の本当の欲求を抑え込んでいるところがあります。あなたは自分に厳しい以上に他人に厳しいところがあり、よく心の中で他人を批判しています。自分が他人に批判的なので、自分も人から批判されているように感じてしまいます。腹の中に怒りをため込んでいることもありますが、「怒ってはならない」とその怒りを抑えようとするため、体が硬く緊張し、つねにイライラがたまっているような状態になります。よく胃が痛くなったりしませんか?自分に厳しく当たる超自我の声を頭の中から追い出し、もっと自分が「こうしたい」という欲求に従ってみるといいかも。たまには羽目を外し、思いっきり遊んでみるのもいいでしょう。他人に対してはもっと寛容になりたいもの。文句を言いながら、人と関わる癖に気づいてください。人の欠点にばかり目を向けるのではなく、長所に目を向け、相手のいいところをほめる努力もしてみましょう。

タイプ1の基本性格
◆性格のポジテイブな面(長所・強み)
真面目で責任感が強く、勤勉。理想が高く、自分に対する要求水準の高い人。つねに一段高いところにハードルを掲げ、そのハードルを乗り越えるために一生懸命努力します。何事も完璧にやりとげなければ気がすまず、いったん手をつけたことは、こつこつと粘り強くやり遂げようとします。正義感が強く、何事も正しいか正しくないかで判断します。世の中の不正や不平等を許さず、社会をより良い方向に改革し、人々を正しい方向に導いていくために、自ら行動を起そうとすることも。自分に厳しく、自分のしたいことよりも、何をやるべきかを考え、「やるべきこと」「やらなければならないこと」を優先するタイプです。

◆性格のネガテイブな面(短所・弱み)
何事にも完璧を求めるため、現状に不満を抱きやすいところが。自分のしたことについて、あれでよかったかと後悔し、いつまでもクヨクヨ悩み、なかなか前向きになれません。物事は完璧にやり遂げようとするあまり、細部にこだわりすぎ、いつまでも抱え込んでしまうことも。自分の意見や物事へのこだわりが強く、頑固で融通のきかない面があり、原理原則を優先しがちです。自分に厳しい以上に他人に厳しく、人の欠点をあげつらい、間違いを指摘して、まるで自分が裁判官にでもなったかのように、他人を裁くことがあります。欲求不満に陥りやすく、腹の中に怒りを溜め込み、自分に対しても他人に対してもイライラしがちです。

 

・・・最後に関してはアホMODなんだけどアホじゃないというか、とあるキャラクターのセリフまた使ってるんだけど、自分と似ている人を見るとイライラする。ってセリフがあった気がする。なんだかんだ覚えてんじゃないか!本家のシェーンは言ってないんだけどだいぶ印象に残ってるってことは。主人公とシェーンは似ているから内心最初冷たかったのは初対面だからってのもあるけどもしかしたら似ているから腹立たしく思ってわざときつく当たっていたところもあるんじゃないか?と。

image

ちなみに、ここのシェーン、さりげなくカワイイよねbふぁー^p^vv

 

エコグラム診断やってないけど。やっていいかな。最後だけちょこっと

 

こうなった。ちょっと迷ったけど。判断材料がこれでも少なくて困った。

 

Aのところが低いな・・・これは一体?

×知性・理性・現実志向・冷静・感情抑制など   

〇自己中心性・科学万能主義・物質万能主義・自然無視・人間のコンピュータ化など   

×「なぜ?」「比較検討すると」「私の意見では」「具体的にいうと」理詰めでくる・計算高い・言質を逃がさない  

〇 現実にうとい・ずさん・間抜け・状況判断が狂いやすい

 

ま、マヌケ、って、、、そういえば非科学的なことは信じないとか言ってたな。

感情的。ってことなんだね。あいつは、セバスとは似て非なるモノ

根暗でグレてるところは似てるけど感情で処理するから論理的に処理するかが違っている。パソコンが好きなセバスはまあ論理的。。プログラマーはかなり適性がかかわってくる仕事だから向いてない人は本当に向いてないからね・・・シェーンがパソコンなんてはじめたらまずキーボードのAはどこだ?から始めることになりそう。30代そこまで音痴いないと思うよ・・・

 

さあてお楽しみの250?パターンある診断結果を見ていこうか。どうなってるかなー

 

 

性格
好奇心や冒険心が旺盛で、現実放なれのした夢を追い易いタイプです。願望や空想が独り歩きしやすい性格で、理性や知性が感情の変化に振り廻されがちです。責任感や同情心、社交性などは極く標準的で、特に指摘すべき所は有りません。性格的に一番の泣き所は、難しい問題に直面した時の冷静な計算に基づく、分析力と判断力の乏しさです。

恋愛・結婚
容色、コケットリー、機転などの優れた相手を求めたがる傾向が有ります。そして、それ等の外面の美や楽しさを求め過ぎる余りに、その事にのみ心を奪われて、相手の性格面の重大な欠陥を見落としがちなタイプです。又、総合的評価をした場合の自分との釣り合いなどについても、等閑視しがちなので、別居、離婚など愛情の破綻に十二分の注意をしなくてはなりません。

職業適性
好奇心に溢れたタイプなので、才能次第ですが、芸能、美術、デザイン、広告宣伝などの分野に適性が有るでしょう。エンジニアとか電子産業技術者の様な地味で緻密さと忍耐力を要求される仕事は、かなり不向きですし、警官や刑務官の様に、自分を空しくして、規則の適用や秩序の維持に当るような仕事は全く不向きです。

対人関係
我儘なのですが、群れの中に居なければ、人恋しくなるタイプです。現実を直視しながら長期的、合理的な人生計画を練る事が苦手なので、不愉快な事や苦しい事に直面した場合、逃避的な人付き合い、(例えば、酒呑み友達、ギャンブル友達)に溺れる危険性があります。

image

ちょばっ!生きて!息して!

 

 

最後に全体的に見たA欠乏型の性格を見ていくよー

 

現実無視タイプ(A欠乏型)
Aの柱だけ低得点のタイプです。学歴や地位にはほとんど関係なく、Aの低い人は結構います。最大の泣きどころは、自分の人生に整合性がないことです。計算しない人生、計算外の人生を送りやすい人です。判断力、分析力、冷静な計算力に大きな欠陥があるといえます。 それだけに、このタイプの人は、政界や財界など、駆け引きや冷静な計算、力関係のバランス感覚などが重視される方面は、できるだけ避けたほうが無難でしょう。処世術が優先される世界よりも、むしろ芸術分野などの方が向いているといえましょう。

 

 

・・・そういえば、16タイプのほうやってなかった。9タイプは、やった。250タイプも、やった。じゃあやるかなー(書ききれるのだろうかこれ)
 

参考リンク

http://xn--16-573d25rtpd1v4e.com/intp.php

ISTP 危険やスリルを求める人

16タイプの中で最も実務的な性格です。何事も客観的に判断し、冷静沈着。危機に直面すると、迅速に問題を解決します。道具、機械、楽器などを扱うのが得意な人が多く、手先も器用な人が多いです。

事実を観察して、心の中で分析・評価する事に自然と関心が行きます。そのため現実的で勘が良く、最小限の努力で最大の成果を上げます。すぐに活用できない抽象的な理論や無駄な会議には興味を持ちませんし、面倒な規則は無視ようとします。そして新鮮で具体的な課題に挑戦する事を好みます。

生来の一匹狼で、人にあまり関心を持ちません。自分の感情を他人と分かち合うのが苦手で、またそんな事をする必要もないと考えています。聞き手に回る事が多くあまり異議をとなえないので、賛成しているのかと思われる事もあります。しかし実際は発言しないだけで自分なりの考えを持っています。大抵は静かで控えめですが、自分がよく知っている事に関してはお喋りになる場合もあります。

学校や職場では一匹狼に見えるISTP型ですが、趣味仲間を作るのは好きです。その場合、たとえ会話はなくても趣味における道具、行動を通して友情を育みます。また誰に対しても平等であり、気前がいい面もあります。

仕事でも私生活でも、活動的で危険な事をしていると元気になります。野外活動やスポーツを好む人が多く見られます。強風時に外に出たくなったり、ゲームでスリルを楽しむ人も多いはずです。余談ですが、この性格型は「武装型」と呼ばれる事があります。消防士やパイロット、狙撃兵、スポーツ選手のような、危険が伴う仕事や武器を扱うプロフェッショナルに、ISTPが多いためです。

ISTP型の冷静で臨機応変な点は大きな強みです。しかし次のような弱点も持っています。
自由時間が欲しいので最低限の事しかやらない傾向があります。できるだけ近道をしたい、無駄な努力をしたくないという感情が強すぎるためです。臨機応変で常に新しい情報を集めようとするので、優柔不断で煮えたぎらない所があります。また人間関係には弱く、ちょっとでももつれると責任から逃れようとします。

 

◆不満を感じると、次のような行動を起こします
・皮肉を言ったり、物事に否定的になる
・周囲に関心を持つのをやめ、自分の内面にのみエネルギーを注ぐ
・決断を先送りにする

◆大きなストレスを感じると・・・
感情的に爆発し、激怒したり涙を流して、他人を驚かせる事があります。その場合は、普段の落ち着きはらった態度からかけ離れた振る舞いをしてしまい、後で恥ずかしく感じます。

◆アドバイス
もっと人の気持ちに注意を払い、時には自分の気持ちを正直に話し、健全な人間関係を築きましょう。

 

軽く昔のことについてまた何か予測できそうな気がした。やっぱ、モメたんかな・・・?しっぺ返し、くらったんかな?昔のシェーンは今よりキツそうだから、どんな感じだったんだろう、、怖いもの見たさもあるな。今より当たり強いのかな?あまり変わらなさそう。不愛想。

 

やってておもったのが、好奇心旺盛。ということ。今じゃとてもじゃないが全く想像がつかないんだよね。何もやろうとしないって本人が公言しちゃってるんだもの。逆に昔色々やろうとしていたってことになるんだろうけど。

そうなると、まだ仲いい人に対しては愛想がいいってことになるのかな?そこはエミリーとクリントのイベントでも見たけど変わらない気がする。じゃあ初対面ってほどでもないけどある程度顔見知りの人でも多少は明るくふるまえていたということになるのかな?なっなんだそのシェーンは。怖いぞ。気持ち悪いぞ。。。!かわいい。

 

あとは、職人気質。ここは、どうだろう、完璧主義者だから合っているのかもしれない。仕事にこだわりすぎて速さを求めるようなことには向いてないとあったから。クオリティを求める系なら合うんじゃないかな?・・・もしかして、器用貧乏?器用とも書いてあったけどそこは個人差ありそう。器用、なのか、、、?割と目標が高すぎるだけで無難にはできているかもしれないから震え声

 

あいつ、普段態度悪すぎるってのに好物上げたりしたときの笑顔なんかはめっちゃくちゃ、無邪気なんだよな・・・好奇心旺盛って言われてみるとそういえばってところもあるのかもしれない。特に鶏かかえて笑顔ってる顔グラなんてもう私がこの卵を作りました的な生産者の写真のところにありそうじゃあないか。クソコラ作っちゃいそうなくらいに自然と。

 

 

やはり、しぇんかわである。しぇんかわ~※