【2次試験攻略】与件から読みますか?設問から読みますか? | タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験「突破後」のノウハウ!

タキプロブログ 合格者が伝える中小企業診断士試験「突破後」のノウハウ!

中小企業診断士試験の『合格後』のノウハウについて、お伝えするブログです。
診断士の収入、資格の更新、企業内での活用方法、青色申告・確定申告等の申請、などについてお伝えします。

こんばんは。@タキプロですニコニコ

今週も木曜の夜はコレ、2次試験攻略です。

前回は2次試験解答手順のご紹介ということで、試験開始直後にすることについてお話しました。

今回はその続きのお話をしたいと思います。

ところで、前回は張り切り過ぎて、いきなり詳細な手順に踏み込んでしまいました。
ここで一度、式2次試験解答手順(事例Ⅰ~3)の全体像をご紹介しておきます。

私の場合、おおまかに次の9つのステップで取り組んでいました。

  ①与件文を段落ごとに区切る
  ②与件文を先頭、最終段落のみ読む ←今回はコレ
  ③設問を読んで、回答のフレームを考える
  ④全設問を通し読みして、設問の内容を頭に焼き付ける
  ⑤与件文を全部読む
  ⑥解答のフレームを見直す
  ⑦マーカーで印をつけながら与件を読む
  ⑧解答のフレームを決定する
  ⑨解答を記述する

これが私に合った、”私にとっての”最適な解答手順です。
要するに、あくまでも私に合っていただけで万人に合うものではない、ということです。

このブログを書くようになってから何度も書いてきたことですが、
診断士の2次試験においては、万人に適用できる最適な解答手順は存在しないと考えています。

みなそれぞれ得手不得手やクセなどがあるため、当然差は出てきます。
各人に合った、人それぞれの最適な手順があるはず。

ただ、全てを自分で一から考える必要はありません。
人の良いところをどんどん盗んで、自分なりにカスタマイズしていくのは有効な手ですねグッド!

ということで、みなさんの最適な解答手順探しの一助としていただければ、幸いでございますかお


■与件文を先頭、最終段落のみ読む

前置きが長くなりました。失礼。

今回は、式2次試験解答手順のステップ②です。

ちなみにみなさんは、試験が始まったら与件文と設問文どちらから読んでいますか?

私は、与件文から読んでいました。
ただし全文は読まずに、先頭と最終段落のみ読みます
時間にして30秒~1分くらいでしょうか。

目的は、事例企業の概要を知ることです。
具体的には、

  1 業種
  2 規模(従業員数)
  3 今現在の状況(好調?不調?)
  4 今現在の問題点、課題

のようなことです。

先頭と最終段落を読むだけで、上の事柄の大部分をつかめるはずです。

さらっと短時間で企業の概要をつかみ、イメージします
その上で、設問文に入っていくわけです。

私自身、最初はそんなことはせず、いきなり設問文を読んでいたのですが、
企業のイメージもできていないうちに、突然設問文を読んでも、全然頭に入ってこなかったんです。

そんなときに取り入れたのが、この手順です。

これを取り入れて以降、「頭に入ってこない」問題はだいぶ解消されました。

同じような悩みを抱えている方は、ぜひお試しくださいチョキ


来週の木曜夜は、
ステップ③以降についてお話したいと思います。

みなさんも自分自身の手順を確立した状態で試験に臨めるように
日々の勉強でも意識して取り組んでみてくださいチョキ

では、今回はこのへんで。

==========================


皆様の応援がタキプロの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ


==========================