演奏家として、指導者として | 鯛中卓也の音楽的!?な日々

鯛中卓也の音楽的!?な日々

音楽修行の真っ只中…そんな日々において感じたこと、見つけたことを綴っていきます!


テーマ:

残暑お見舞い申し上げます。

6月末、ポーランド・ビドゴシチ音楽アカデミーの修士課程を無事に卒業し、その後、是非ヨーロッパでしておきたいことに日々が流れ行き、旅行や講習会、そして現地でお世話になった皆さまへのご挨拶の後、7月20日に完全帰国いたしました。

 

最後の試験終了後の夕焼け in Bydgoszcz

 

日本ではドイツ圏で研鑽を積まれた先生方を中心に師事し、音楽に対する哲学的な姿勢に触れ、ポーランドではよりピアノに特化した演奏芸術の高みに対する見識を得られたことは、掛け替えのない充実した学びになりました。

今後、生涯を通じて音楽家として成長出来ます様、邁進して参ります。

 

又、あらゆる方々と音楽体験を共有出来ますことは私にとって大きな喜びであり、共演やレッスン等を通して皆様と音楽を分かち合えますと幸いです。

これまで帰省の折に行っておりましたレッスンは、完全帰国に伴い、定期的かつより計画性をもった指導が可能となります。継続的な受講をお考えの方は、どうぞご検討ください。以前同様、単発のレッスンも勿論歓迎いたします。

 

さて、帰国してから早1ヶ月。

実感として、駆け出しとしてはそこそこといったところでしょうか…

 

以前よりレッスンにお越し頂いていた生徒さん方の頑張りのお蔭で、ピティナで初めて指導者賞を頂きました。今年はC級とE級で生徒さんの全国大会出場に恵まれ、本番を見届けたのですが、素晴らしい成長ぶりに嬉しくなりました。

 

 

又、8月24日東京オペラシティコンサートホールにて、幼少よりお世話になっておりますスガナミ楽器140周年記念コンサートに出演させて頂き、モーツァルトのコンチェルトを演奏いたしました。

 

 

共演による音楽づくりを通して、自分にはないものを発見したり、あるいは偶然にも自分自身の内に新たな面を見つけるきっかけになったり、最近、アンサンブルの意義を感じています。

幼少時代、音楽に触れるきっかけとなったスガナミ楽器さんの記念すべき演奏会、そして数々の名演に触れ、いつか舞台に立てたらと願っていたオペラシティで、日頃想いを寄せている作品を弾かせて頂け、幸せでした。心より感謝申し上げます。

 

今後、自らの可能性を追求しつつ、又、これまでに学んできたことを通して、出来るだけ皆さまのお役に立てますよう、努めて参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

鯛中 卓也

 

※帰国直前にパソコンが故障し、バックアップはあるものの、パソコンそのものが初期状態となり、ホームページの更新が出来ない状態です。復旧に努めますが、取り急ぎ、こちらにこれからの演奏会情報を…

私への諸々のお問合せはこちらのメールアドレスまでご連絡ください。

t.tainaka.ask◇gmail.com (◇を@に変えてお送りください。)

 

東京芸術大学音楽学部同声会兵庫支部演奏会

日時: 10月21日(土) 13:30開場 14:00開演

場所: 兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール

チケット: 2,500円(全席自由)

お問合せ: 関西アーティスト音楽事務所 0798-74-5017

http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=4296111025&sid=0000000001

 

白陵音楽祭

日時: 11月8日(水) 13:00開場 13:30開演

場所: 神戸文化ホール大ホール

※内部公開

 

小塩 真愛 &  鯛中 卓也 ピアノジョイントリサイタル
日時: 12月8日(金) 18:30開場 19:00開演
場所: カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
チケット: 2,000円(全席自由)
公演詳細: http://kawai-kmf.com/concert-info/2017/12.08/
~プログラム~

シェーンベルク: 6つのピアノ小品 Op. 19
ベートーヴェン: ピアノソナタ 第24番 嬰ヘ長調 「テレーゼ」 Op. 78
シューマン: 交響的練習曲 Op. 13 (遺作変奏付き)

鯛中 卓也さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ