本日はホームケアでものすごく大切なこと。


シャンプーについて。


どんな種類があるのか。


特徴も抑えながら、


成分もお伝えしていけたらな。って思います!!

シャンプーを大きく分けると、


3種類に分類できます!!


1.アミノ酸系シャンプー

2.高級アルコール系シャンプー

3.石鹸系シャンプー


この3つ分けれます。


この分け方の基準となるのは

 

洗浄成分(界面活性剤)

 

 

の違いにあります!!


1.アミノ酸系シャンプー


アミノ酸は人体を構築しているタンパクなので、髪や頭皮に馴染むので刺激が少ないのが特徴です!!


洗浄力が強すぎないため、


過剰に皮脂を取り除くことも


髪の毛の負担もなく、


アミノ酸系シャンプーは優秀です♪♪

 


見分け方としては、


成分表示のところをみていただくと、


「グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン」


こちらの成分が


水、◯◯、etc...


と◯◯のところに書いてあります。


そこを見ていただければ見分けもつくと思うので、もし何を買うか迷われてる際には成分表示を見てみてください!!


ただ、成分原価が高いため少しコストがかかってしまいますが髪のためと思っていただけると幸いです!!


ちなみに


PIMシャンプーはアミノ酸系シャンプーです!!


なので洗った時の刺激が少ないんです。


しかもPIMシャンプーには上質なコラーゲンたくさん入っているので、髪の毛を保湿しながら洗ってくれるので洗い上がりがツヤツヤになります♪♪



2.高級アルコール系シャンプー


現在販売されているほとんどのシャンプーがこちらに属します!!


ただ、名前に騙されないでください!!!!


高級アルコールシャンプー=石油系


髪への負担はすごいです、、、


油分が多い方、整髪料をたくさんつける方にはオススメですが、髪の毛、頭皮のことを考えるとよくはありません。


ラウリル、ラウレス、◯◯硫酸

  

 
 

この辺は有名です!!


だいたい成分表示みると、


これが最初の方にきてます。


3.石鹸系シャンプー


敏感肌やアレルギー体質の方にはオススメです!!

 

ただ、洗浄成分がアルカリのため、弱酸性の髪の毛、肌には負担となってしまいます。


髪の毛がごわついたり、きしむのもこのアルカリの影響です。



石鹸、ラウリン酸Na、脂肪酸Naetc...


 

わざわざ探さないと見つからないものでもありますので、間違って買うとかはないと思います。


それぞれ特徴がありますが、


髪の毛にいい!って思っていたものが実は良くなかったり。


そうゆうこともあると思うので、


成分表示をみて


何があってるか。何を目的とするか。


迷った時には成分表示に注目してください!!


CLEO 青山

stylist  東海林


AD