どうも。根岸拓哉です。

{2CFE1D85-CE0E-4512-89C2-D117FBAAEDE6}



OOPARTS「天国への階段」
全公演終わりました。
{66D0C8F1-B78E-4354-86FC-F767CD584955}

{97E18537-11D3-4FF3-915F-F7D21D36EDD5}

7月19日に東京で始まり8月20日に松本で大千穐楽。

東京・大阪・札幌・仙台・松本
の全国5都市。

本番は本当に早かったです。

でも長かった。

特殊清掃員の話をコメディーにする。と聞いて発想に驚きましたが
その中に各々の過去のドラマがあって、稽古でもずっと観ていて本番でも袖でずっと観てしまうそんな作品でした。
{CBA46F66-4CC5-4DE9-893E-349EF421EC7E}




自分は3年ぶりぐらいの舞台で相当構えて臨んでいきましたが、稽古数日ですぐに吹っ飛ばしてくださった。そんなカンパニーさんでした。


いつものように自分は年少組でして
鈴井さんはじめとする、他劇団の役者さん いろんな種類の化け物のような方々に負けるのは嫌だったので、必死に自分を提出し続けた稽古序盤。


台本も日に日に変わる、本番に入っても変わる。
舞台セットを含め
リアルをライブ感を求められていて
自分はすごく楽しかった。変更がくるとワクワクドキドキウキウキ。
死にものぐるいで舞台を駆け回っての表現の後舞台袖にはけたら毎回ぶっ倒れてる感じ。



{96502272-FF54-4017-B3FD-585C554F4C9F}


その中で
佐々木涼輔という
「天国への階段」の話の軸となる人物をやらせていただき生かせてもらい嬉しかった。

脚本・演出の鈴井貴之さんが
佐々木の母親・佐々木の父親
とこんな自分に勿体無いほどの環境。
{66C4A531-0477-486A-A0CE-FB3FCB99DC65}


鈴井さんとのディスカッションの時間が楽しかった。

僕が何をやっても、どんなに自由に試しても他キャストの方々が受けていただきそれ以上に反応してくださり
感謝しかありません。

終演後皆さんと飲みに行くのも楽しかった。

鈴井さんと永遠と芋焼酎を飲むのも楽しかった。



終わるのが嫌で悔しいという感覚は
初めてでしたのでまだやれるな まだできるなと思います。
 

この作品に参加できたこと
鈴井貴之さんと出会えた事は今後の自分にとって大きな財産になりました。
感謝です。
全キャストの皆さま、全スタッフの方々
そしてご来場くださいましたお客様。
本当にありがとうございました。

{F031EBF3-50D8-4915-A364-08150F896F77}

{3F1B0BD0-B68E-47BD-86D0-94EA73EB5794}







そしてドラマ「ファイブ」も昨日最終回がOAされました。
{4A995B1A-1790-4BAB-AA41-506CB2740BC4}

(ファイブは29日にイベントあります。DVDもCDも発売されました。是非。)



始まりがあれば終わりがあるといいますが
ここ2日で2つも。笑
男子旅もありがとうございました。


でも
どちらも終わりだと思ってないので
次に向けて前を向いて色んなものを柔軟に感じて現実を直視して進みたいと思います。


{4DF0D681-99AE-4B72-8928-EA9C46C9E9F1}

では。
根岸拓哉
AD