ウエイトトレーニングでベルト着ける?着けない? | 東北で延べ15000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

東北で延べ15000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

岩手県初!『美くびれ・美脚』作り専門パーソナルトレーニングスタジオT-LABOのボディメイク日記!

加圧トレーニングを取り入れ、お客様の『ボディメイク』をお手伝い致します!

こんにちは!


T-LABO.パーソナルトレーナー

『美姿勢·美脚スペシャリスト』

ならびに

『本質ダイエットマスターコーディネーター』


“2021ミセス·オブザイヤー岩手大会”『審査員』


の髙橋礎(タク)です。




前回のブログで


デッドリフト100キロ持ち挙げた!


女性を紹介いたしました。



今週も皆さん頑張りました!


80キロ挙げたお客様


90キロ挙げたお客様


さらに今週も出ました!


100キロ持ち挙げたお客様!



素晴らしい!!!





まぁ、今まで『ベルト』を腰に巻かずトレーニングしてた方が、ベルトを巻いて持ち挙げたらそんな結果になる可能性は大いにあります。


それはベルトを腰に巻いた


『安心感』


もあるでしょうし


さらに少し巻く位置を変えたら


『肋骨の過度な開きへのアプローチ』


となり


『体幹の安定性』


に繋がり、より筋力を発揮しやすくなるのかなとも考えられますね。



ただね、スポーツパフォーマンスなんかを考えると腰にベルトを巻くのはあまりオススメでないのかなぁ〜って。


なぜなら、

その種目·競技をやるときって


ベルト巻いてやってますか?


ってことで。



ベルトを巻いたら持ち挙がる!


巻かないときは持ち挙がらない…


はどう捉えるべきか?



スポーツパフォーマンスって考えると、


より競技特性に近いトレーニング


をすべきとワタクシは考えますので、


ベルトを巻かずにウエイトトレーニングはするべき!


と思うわけですよ。



逆に、パワーリフティングやウエイトリフティングは競技中もベルトは装着してるんで、練習の時も


ベルトは巻いてやるべき!




今まで持ち挙がらなかった重量を挙げることは


『達成感』


と言う心の部分は潤うので、それはそれで素晴らしいことですけどね!





結局はどこにトレーニングの目的を持って行くかなんでしょうけど。


どうか皆様の目的が達成出来るトレーナーやジム·スタジオを見つけて欲しいと思います!



今日はこれくらいで!





もう少しだけ頑張りたいと思います!



最後までお読みいただきありがとうございました!











パーソナルトレーニングスタジオT-LABO
〒023-0813
岩手県奥州市水沢区中町80-2
代表兼パーソナルトレーナー 
髙橋 礎(タカハシ タク)
ホームページ
http://iwate-ktraining.com
お問合せ・体験お申込みはこちら
初回カウンセリング 30〜60分 無料
体験トレーニング 50〜60分 ¥4,400
営業時間 9:00〜21:00
定休日 毎週日曜日
当スタジオのインスタグラムはこちらから