“呼吸”の大切さを再確認❗ | 東北で延べ13000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

東北で延べ13000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

岩手県初!『美くびれ・美脚』作り専門パーソナルトレーニングスタジオT-LABOのボディメイク日記!

加圧トレーニングを取り入れ、お客様の『ボディメイク』をお手伝い致します!

こんばんは!

T-LABO.パーソナルトレーナー
『美姿勢·美脚スペシャリスト』
ならびに
『ダイエット&ビューティースペシャリスト』

の髙橋礎(タク)です。


いきなりですが質問です。

『人間は一日に何回呼吸をしていると思いますか?』



今日、トレーニングされたお客様の一人に同じ質問をしてみました。

お客様の返答は…

1000回くらい

とのこと。


正解は、

約2万回

です。
(しかも生きている間止まることなく)


呼吸で一番大切な動きをするのが

横隔膜


人間のカラダではこんな感じについて働いております↓

その『呼吸』運動が一日に2万回も間違った動きをしたら…


横隔膜も『筋肉』であります。


わかりづらいので例をあげてみると…

間違った腹筋運動を2万回!

間違った腕立て伏せを2万回!

間違ったスクワットを2万回!


考えるだけで“ゾッと”します(笑)


確実にカラダが壊れると思いませんか?
 

呼吸(横隔膜)もおんなじですね!



ボディメイクで考えると…

横隔膜が使えないとウエストの“キレイなクビレ”が作れません。

上の写真のように、呼吸をして横隔膜が正常に働き“肋骨”が閉まることが
“キレイなクビレ”作りには必要です。



更には、

横隔膜が使えず頭を前後に動かして呼吸(強制呼吸)することで“肩こり”を引き起こす可能大であります。



息を吐けない→肋骨が閉じない
ことで腰が反った状態となり“腰痛”を引き起こす場合もあります。



自律神経で言えば、

息を吸う→交感神経神経が優位(緊張状態)

息を吐く→副交感神経が優位(リラックス)

となり、

上手く呼吸が出来ない、横隔膜が使えず息が吐けないということは

常にストレス状態

と言えるかもしれません。



『呼吸』って人間が動作の中で一番しているもの。


正常な『呼吸』は健康の第一歩と言っても過言ではないかもしれませんね。



もちろん『ボディメイク』にも正常な呼吸運動は欠かせません!




今日はちょっとだけ『呼吸』について書いてみました。



今日読んでいた『呼吸』の本↓


去年、大阪で参加したセミナー講師
『大貫崇』先生の著書。


良い学びでした!




最後までお読みくださいましてありがとうございました。




明日からまた頑張って行きましょうね!











パーソナルトレーニングスタジオT-LABO
〒023-0813
岩手県奥州市水沢区中町80-2
代表兼パーソナルトレーナー 
髙橋 礎(タカハシ タク)
ホームページ
http://iwate-ktraining.com
お問合せ・体験お申込みはこちら
初回カウンセリング 30〜60分 無料
体験トレーニング 50〜60分 ¥4,320
営業時間 9:00〜21:00
定休日 毎週日曜日
当スタジオのインスタグラムはこちらから