呼吸と肩こり❗ | 東北で延べ10000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

東北で延べ10000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

岩手県初!『美くびれ・美脚』作り専門パーソナルトレーニングスタジオT-LABOのボディメイク日記!

加圧トレーニングを取り入れ、お客様の『ボディメイク』をお手伝い致します!


テーマ:
こんにちは!

T-LABO.パーソナルトレーナー
『美姿勢·美脚スペシャリスト』
ならびに
『ダイエット&ビューティースペシャリスト』

の髙橋礎(タク)です!


“呼吸と肩こり”

って…なんか固いテーマにはなりますが

軽い気持ちでお読みください!


呼吸をする時に動く筋肉と言えば主に

横隔膜

が挙げられます。

↑良い写真が無かったから本から抜粋


ではこの”横隔膜”

呼吸時にはどんな動きをするのが正しいでしょうか?

それでは息を吸ってみましょう!

↑写真はなんとなく呼吸をイメージして(笑)


息を吸った時(吸気)にお腹の前面が膨らんできましたでしょうか??

それであれば🆗です!


もし、無意識に息を吸ってお腹が凹んでくるような場合“イレギュラー”な状態、つまり“横隔膜”が上手く使えてないかもですね…



で、ここからが問題。

人間は酸素をカラダに取り込めないと生きていけないのはご存知の通りです。

では横隔膜を使えず上手く呼吸が出来ない方は大概どうしているかといいますと…


首を前後に動かして呼吸されています。

そうなると…

首の前側にあるこの筋肉が過剰に使われます↓



で、胸鎖乳突筋と言う筋肉が過緊張を起こしてしまい結果として

『肩こり』

になってしまうことに…


胸鎖乳突筋が収縮すると“頸部(首)”は前に落ちる(屈曲する)ため、そうなると

“猫背”

姿勢になってきちゃいます。



呼吸時に横隔膜が使えない→肩こり


だけでなく


横隔膜が使えない→頸部が前に落ちる→猫背


の悪い流れも起きてしまうことになると


猫背→“二重あご”や“二の腕のタルミ”

猫背→骨盤後傾位→お腹ポッコリ

なども引き起こすことになりますから


“横隔膜が使えない”

はボディメイクからみても非常に

“ヨロシクない”状態

と言えるのではないでしょうか?



呼吸って一日約2万回行われます。


その主な筋肉として横隔膜が使われます。

毎日、2万回イレギュラーな動きを起こしたら、さすがにカラダはおかしくなって不具合を起こしますよね??
(例えば腹筋運動を2万回変なカタチでやると考えたら…と一緒です)



最近“呼吸”ブームな感じ?
ですので、ボディメイクから考えて(肩こりを経由して)文章にしてみました!



今日は久々に専門知識を(笑)



最後までお読みくださいましてありがとうございました!







パーソナルトレーニングスタジオT-LABO
〒023-0813
岩手県奥州市水沢区中町80-2
代表兼パーソナルトレーナー 
髙橋 礎(タカハシ タク)
ホームページ
http://iwate-ktraining.com
お問合せ・体験お申込みはこちら
初回カウンセリング 30〜60分 無料
体験トレーニング 50〜60分 ¥4,320
営業時間 9:00〜21:00
定休日 毎週日曜日
当スタジオのinstagramはこちらから






















T-LABO代表高橋礎(タク)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス