足首の“かたさ”がもたらすもの❗ | 東北で延べ10000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

東北で延べ10000人の『くびれ美人』を生み出したウエストボディメイクの達人、髙橋礎(タク)のブログ

岩手県初!『美くびれ・美脚』作り専門パーソナルトレーニングスタジオT-LABOのボディメイク日記!

加圧トレーニングを取り入れ、お客様の『ボディメイク』をお手伝い致します!


テーマ:
こんにちは!

T-LABO.パーソナルトレーナー
『ダイエット&ビューティースペシャリスト』
ならびに
『美姿勢·美脚スペシャリスト』

の髙橋礎(タク)です!


8月突入です!

8月は、お盆休みとかあって毎年
“あっというま”
に過ぎ去るイメージがあります。

一日一日を大切に生きていかないとと思いますね!


先日、
お客様のお子様が、

“オスグッド病”
(10歳代前半のスポーツを盛んに行う子供にみられる下腿部の痛み)

にかかったと言うお話を聞きました。



オスグッド病を発症する子供の身体的特徴として
“足関節の背屈制限”があります。


右側の写真↓
のように脚が前に出にくくなる状態

こうなると“後方重心”となり、
結果的に大腿四頭筋(腿の前側の大きい筋肉)
に過剰な収縮がかかることにより、
膝の伸展(伸ばす)動作によるストレスで痛みを発症させてしまいます。



つまり、

足首が硬い→大腿四頭筋(腿の前側の筋肉)の過剰な収縮


となることがお分かりになるかと思います。





結果的には、

大腿四頭筋(腿の前側の筋肉)の肥大

と言う結果になり得る可能性も出てきます。



これを“美脚”づくりに当てはめると…

足首の硬さ→太ももの張り

を作ることになりますので、


“脚が太い”

とお悩みで

さらに、

“足首が硬い”

と感じている

“あなた”


一度、足首の方にアプローチしてみてはいかがでしょうか?



ただし、

“足首が硬い”

と言って 

“ふくらはぎのストレッチ”

だけではそれほど効果的ではないかと思いますので要注意です!


ちなみに、
足首の可動域は…

背屈運動(つま先を持ち上げる動作)は25度

底屈運動(つま先を下に下げる動作)は45度


と一応の指標がありますのでご自身で評価してみてくださいね!
(可動域は文献によって異なるのでここでは一応の指標としておきます)


なお、
“太ももの張り”は足首の硬さが全ての原因ではありませんので。


しかしながら、どの関節にも言えることですが

“正常な可動域”は一応の目安として必要であり、

それが

“ない“

と言うことはカラダのどこかに

“不具合が生じている”

とみなすことが出来るので、

その“動いてない関節”

の代償でまた

“違う関節”

に負担がかかることにより、

その関節の可動に関わる筋肉にも過剰な負担がかかるため、

“見た目の美しさ”

は大なり小なり損なわれる可能性があることは覚えておいてくださいね!




今日はこれくらいで。



最後までお読みくださいましてありがとうございました!








パーソナルトレーニングスタジオT-LABO
〒023-0813
岩手県奥州市水沢区中町80-2
代表兼パーソナルトレーナー 
髙橋 礎(タカハシ タク)
ホームページ
http://iwate-ktraining.com
お問合せ・体験お申込みはこちら
初回カウンセリング 30〜60分 無料
体験トレーニング 50〜60分 ¥4,320
営業時間 9:00〜21:00
定休日 毎週日曜日
当スタジオのinstagramはこちらから
































T-LABO代表高橋礎(タク)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス