初めて電子申告しました。

 

少し手間取りましたが、慣れると楽です。

 

来年以降も電子申告します。

 

納税額は昨年からは数十万の減少。

 

これは、保有物件の売却が売り上げへの影響が少ない売却だったので

このような結果となりました。

 

来年以降は物件売却を多くする予定なので、家賃収入は減少する予定ですが、

売却益が出てくるので納税額はアップするかもしれません。

 

 

 

上記に記載した通り、収入は大きな変動はなく

予定通りの結果ですね。

 

 

紙の資産は米国の利上げにより米国株が大幅に値下がりし、

大マイナスになりました。

1年ごとにプラスマイナスを繰り返しているので、

今年は大きくプラスになる順番です。

 

米国株の回復はまだですが、安値で大量に仕込んで

あるので、米国のインフレが落ち着き利下げが実施

されると大きな利益が出ると妄想しています。

 

FXは順調、今年もまぁまぁのスタートです。

 

 

個人の確定申告終了しました。

今年は延長期間がなかったので少しバタバタしてしまいました。

納税額は昨年から数百万円の減少。

これは売却益が大幅に減ったためです。

来年以降は、減価償却も新築のみとなり数値は落ち着いたので、売却がなければ

今年と同額程度で推移していくと思われます。

 

不動産収入(売却を除く)は売却とともに順調に減少しています。

こちらは物件が少なくなれば収入が減るのは当たり前のことなの

で、問題はありません。

減収分は法人物件と紙の資産でカバーしています。

 

紙の資産を加えた収入は物件の売却を始めたH30年からで、下図のとおりです。

H30はトルコショックで大幅なマイナス、R1年に少し盛り返したと思ったら、R2年はフラッシュクラッシュにやられて大幅なマイナス、R3にようやく不動産売却前の数値を超えることができました。

今年もアメリカの金利上昇、原油の高騰などで為替、株相場が大きく動いているので、うまく運用できれば今年以上の利益を計上できると妄想しています。

 

 

 

 

 

 

 

 


不動産ランキング

個人の確定申告、2月には完成していましたが、混雑を避けて昨日税務署へ提出しました。

 

収入はAP1棟を売却したため昨年度からは減少、

しかし売却益が大きく、納税額は過去最高額となりました。

 

土地の値段が低い地方で減価償却が切れた

物件の売却益は

売却額=利益となってしまうので、税金が多くなるのは仕方がありません。

 

こんな高値で売れたのは、たぶんコロナでお金が余っているからと思われます。

今年もまだこの状態が続くと思うので、何棟か高値で売却できればと妄想しています。

 

 


不動産ランキング