ヘアケアの土台   となるのは   シャンプーである以上

 

 

 

シャンプー選びが   髪質のその後に   大きく関わってきます。

 

 

 

当然   使用すべきは   「質の良いシャンプー」   ですが

 

 

 

決して   「高いシャンプー」   「美容室で買ったシャンプー」   だから   質の良いシャンプーであるとは   限らないということを知っておく必要があります。

 

 

 

シャンプーの良し悪しは   「界面活性剤」   (洗浄成分)   で8~9割決まります。

 

 

 

何故なら   シャンプーを構成する   成分の殆どが   水と界面活性剤だからです。

 

 

 

界面活性剤の種類は大まかに   「高級アルコール   せっけん   アミノ酸」   の三種類に分けられ

 

 

 

原価は   「アミノ酸=酸性石鹸系洗浄剤>せっけん=高級アルコール」   の順に高くなります。

 

 

 シャンプーにおける   原価の大半は   界面活性剤が占めているので   例えば   原価を抑えて   安いシャンプーを作るとなると   界面活性剤も   安価になります。

 

 

 

そして   ドラッグストア   や   コンビニ   でいつでも買える   LUX   や   パンテーン   などは   

 

 

 

高級アルコール系シャンプーとされ   洗浄力(脱脂力)がとても強く   スッキリと洗えますが

 

 

 

髪がギシギシになり   敏感肌な方には痒みや   肌荒れに繋がることがあります。

 

 

 

また   その脱脂力の強さから   よく   「食器洗い洗剤」   として   例えられることの   多いシャンプーでもありますが   500mlボトル   で   購入したとして   700円前後   と非常に安価ではあります。

 

 

 

しかし   これらのシャンプーは   市販品   であるが故に   問題はありませんが

 

 

 

サロンシャンプーであるにも関わらず   メインとなる界面活性剤に   高級アルコール系を   ふんだんに使用した   極悪   で   低クオリティ   なシャンプーが同じサイズの容器で   3000円~5000円の価格帯で   存在しているのです。

 

 

 

特に美容業界では   よく耳にする   大きなメーカーに限って   このような低クオリティ   シャンプーを   大量に   生産している傾向があり   メーカー   ディーラーが協力して   多くの美容室   美容師に   説明会   講習会と称した場を設け   最終的に   「取扱店」   という箔をつけて提供しています。

 

 

 

確かに   市販品に比べて   有効成分や   トリートメント成分   は多いですが

 

 

 

だからといって   高級アルコール系シャンプーである以上   市販品の5倍~7倍の価値   があるとは到底思えない   低クオリティのシャンプー   であることに変わりはありません。

 

 

 

当然   市販品と殆ど変わらない成分で   構成されたシャンプーで   良い結果など出る訳もなく

 

 

 

「何故?どうして?」   と嘆いている方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

そして   使用感が市販クオリティのシャンプーだからこそ   一度そのようなシャンプーを   掴まされたお客様は  『ドラッグストアで買えるシャンプーとの違いがわからない』 と感じて   二度と美容院でシャンプーを購入する気にならないでしょう。

 

 

ですが   本当に質の良いシャンプーは   使用感の良さは当然として   シャンプーひとつで髪質を大きく向上させるポテンシャルを秘めているので   違いがわからない   と思う方々は   きっとまだそのような製品に出会ったことがないだけなのではないでしょうか?

 

 

シャンプー選びの基本は   メーカー   話題性   価格帯に囚われることなく   ノンシリコンであることが大前提です。

 

 

 

その上で   酸性石鹸系洗浄剤   や   アミノ酸ベース   の界面活性剤にこだわった   シャンプー選びができれば   きっと   今よりも   満足のできるヘアケアが可能となるでしょう。