秋冬にもオススメなハイライトカラーの勧め | 銀座 美容師 カワシマタクミ

銀座 美容師 カワシマタクミ

ブログの説明を入力します。




・色が抜けた時の赤色、オレンジ色がイヤ

・透明感のある色にしたい

・白髪が気になる

・髪の毛を明るくしたい

・柔らかさが欲しい


このようなお悩みのある方に、『ハイライト』をいれたカラーがとてもオススメです!


ハイライトとは、
カラー剤やブリーチ剤を使用して髪の毛に明るい筋をいれていくヘアカラーの技法です。

今回は、
ブリーチ剤を使用してハイライトをいれた時のヘアスタイルです。






BEFORE
⬇︎⬇︎⬇︎






1.色が抜けた赤やオレンジ色がイヤ

日本人の髪の毛には元々赤色の色素が多くはいっています。

なので、
ヘアカラーをして髪の毛の色を明るくすると、色が抜けてきた時に赤色がでてきます。

髪の毛を染めた時の明るさや元々の髪質などによっても色が抜けるスピードや抜けた時にでる色は違います。

髪の毛が、
太い・硬い →   赤オレンジ
普通くらい →   オレンジ色
細い・軟らかい →   黄色オレンジ

このように元々の髪質でも色が抜けた時にでてくる色は違います。


ブリーチ剤を使用して『ハイライト』をいれる事で、元々の赤やオレンジ色の色素を黄色よりにする事が出来ます。

ヘアカラーは、
染める前のベースの状態が明るい黄色よりであればあるほど、赤味のない透明感のある色にしやすくなります。

なので、
ブリーチなどで何度も色を抜いてある金髪の髪の毛の方が、綺麗な色にしやすくなります。


ですが、
全部の髪の毛をブリーチして金髪の状態で生活できる方は少ないです。

職場や学校の規定があり、やりたくてもなかなか出来ません!


なので、
少しでもベースの状態を黄色に近づける為にハイライトをいれます!

ブリーチ剤でハイライトをいれる事で、
全体の約3〜4割の髪の毛を明るい筋をいれていきます。

そうする事で、
全部の髪の毛をブリーチした時ほどではありませんが、ハイライトをいれずに一色で染めた時よりは赤味の無い色がしやすくなります!







2.白髪が気になる

白髪が気になる方にもハイライトはオススメです。

黒いベースの状態に白い髪の毛が所々あると、色のコントラストが強くなる為、より白髪が気になります。

ベースの状態が明るければ明るいほど白い髪の毛との差が少なくなる為白髪が目立ちづらくなります!



3.髪の毛を明るくしたい

・元々の髪質で明るくなりづらい方
・白髪染めを継続している方
・黒染めをした方

このような理由で、髪の毛を明るくしたくても明るくなりづらい場合にもハイライトがオススメです!

ハイライトで明るい筋をいれる事で、全体的に髪の毛が明るく見えるようになります。







ハイライトは入れ方やいれる太さ、いれる量やいれる場所などによって仕上がりのイメージは異なります。

目立つようにいれる事も、馴染むようにいれる事も出来ます。

なりたいイメージやヘアスタイルに合わせて何でもご相談ください!

ハイライトに興味のある方は、是非参考にしてみて下さい!

⬇︎⬇︎⬇︎





BUMP 

東京都中央区銀座2-8-12

ユニデン銀座ビル11

営業時間

平日 10時〜21(カット最終受付20)、土日祝日10時〜20(カット最終受付19)

定休日  月曜日

電話番号  03-6263-0408



新規の指名のお客様も大歓迎です!




Instagramでもヘアスタイルを紹介していますので、是非ご覧ください( ^ω^ )





こちらでもヘアスタイルを紹介していますので、是非ご覧ください(^^)






ホットペッパーでのご予約はこちらから!






ご相談、ご質問、ご予約はLINE @で友達追加からも出来ますので、是非ご利用ください!