平成30年10月ブログ

テーマ:

<インフルエンザと口腔ケア>

 

猛暑も終わり、朝晩はすっかり秋の気配になってきましたね。

今回はインフルエンザについてお話ししたいと思います。

 

インフルエンザ対策としてまず思い浮かぶのは

手洗いやうがい、マスク、ワクチン接種ですが

あまり知られていないのが口腔ケアです。

 

口腔内を不潔に保っているとインフルエンザに感染しやすくなり

歯周病による炎症もウイルス感染を促進させるといわれています。

ある介護施設で歯科衛生士が高齢者に対し

ブラッシングや舌磨きを実施したところ

通常の歯磨きをしていた施設に比べてインフルエンザ発症率が

10分の1に激減することが報告されました。

 

口腔内の細菌は、歯の表面だけではなく

舌やのどの粘膜にも多く存在しています。

インフルエンザ予防には適切な口腔ケアを行い

口腔内の細菌数を減少させることも大切です。

 

たくま歯科では、歯科衛生士による口腔ケア(メンテナンス)を行っております。

インフルエンザ予防のためにも月に1度のメンテナンスをお薦めしています。