新型コロナウイルスと口腔ケアについて

 

皆さんこんにちは。歯科衛生士の杉本です。今日は新型コロナウイルスと口腔ケアについてお話ししたいと思います。

現在も新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。

ウィルスは鼻や口の粘膜から感染すると言われています。

この新型コロナウイルスは感染力が強く近い距離で話しているだけでも飛沫から感染する可能性があります。

徹底した手洗い、マスク着用、外出を控え「3密」を避けることといった感染予防対策は是非続けて下さい。

それと同時に「お口の中を健康に保つこと」も感染予防にとても大事なことなのです。

しっかり歯が磨けていない、むし歯や歯周病が治っていないといった状態が続き口の中の衛生状態が悪化すると口内炎の細菌の数が増えてしまいます。

そうすると免疫力が低下したり細菌による炎症を併発する結果、ウィルス性肺炎が重症化する傾向があります。

口の中の細菌を増やさないよう一人一人のホームケアがとても有効です。そして歯科医院での徹底した口腔ケアも必要であると思います。口の中の状態をしっかりとチェックし行き届いていない所をケアすることができます。

インフルエンザの発症率も歯科衛生士のケアを受けた人は、本人や介護者から口腔ケアを受けた人の十分の一になったとの報告があります。

お口の中を健康に保ち感染予防の為にも是非歯科医院での口腔ケアを受けてみて下さいね。