おはようございます!坂谷です。
今日は友人がされている掃除の活動に参加してきましたので、
気づきや発見などをレポートに早速しよっ!
と思い、現在心斎橋の路上で携帯をポチポチしてます(笑)

朝4時30分に起き支度して、
朝から6時に梅田の東通りに集合し、
8時までひたすら、通りのゴミを手分けして拾っていく。
その中で感じる事は沢山ありました。

まずタバコのゴミが一番多い!!!
物は小さいのでゴミ袋はかさばりませんが、
数はダントツ1位ですね。

こんな感じで一旦まとめて、一気に片付けていきました。

掃除をただ単にするのでは面白くないので、
囲碁でも大切な「目的意識」を持ってやってみようと思い、
今回は「自分がこの活動をする事で周りはどのような変化や顔色で観ているのか観察してみよう
という意識でやっていきました。

結果は「感覚的に、8割が無関心、1割が目が合う、1割が挨拶したり労ってくれる」でした。
この通りが綺麗になる「有意義(プラス)」な活動をしていたとしても、
8割が無関心なんですよね。今までの僕もそうだったかも。
そして、目の前でまたタバコをポイ捨てする方もいらっしゃいます。

最初はムッとしましたが、
最近僕がテーマにしている「相手はコントロール出来ない、自分がコントロール出来る中で、やれる事をやれば良い」を思い出しました。

このムッとした表情で掃除をしていたら、
僕も周りも気持ちよくないよね。
と思い、自分は笑顔でやろっ!
と自分のコントロール出来る範囲でやる大切さも再認識出来ました。

その出来事で昔の出来事を思い出しました。
小学生2〜3年生くらいの時、公園で友達と缶ジュースを飲んでいると、
ゴミ箱が近くにあるのにポチ捨てるので、
「それは捨てようや」と僕が拾って捨てたのですが、
その時の友達はそれが面白かったのか、
あろう事かゴミ箱からまたゴミを目の前で捨てて、
また拾わせようとしたのを思い出しました(笑)
子供心ながら、傷ついたのを覚えてます…。
家に帰り泣きながら母親に話した時に、
「やったアンタは偉い!でもそれを他人に求めたらシンドイよ」と話してくれた事を今日思い出しました。
この出来事が今の坂谷の「相手はコントロール出来ない」の基本を作ってくれてるのかもなぁ、としみじみしてました(笑)


あと、溝とか自販機の上のゴミが目立ちました。
道の真ん中に無くて、端っこや溝にや自販機の上に、
感情的には「隠す」という感覚だと思うんですが、
それは潜在的に日常化されている感情の人たちが、
無意識的にやり続けているのかもしれない…。

僕のおばあちゃんがよく言っていたですが、
「部屋の乱れは心の乱れや。掃除をしなさい」
と言っていたことを思い出し、
心と掃除には大きな関係性があるのかな?
と最近思います。(自分の部屋も掃除しないとなぁ…(笑)

溝にゴミを捨てる自分=自分の嫌な所を隠す自分

になってるのかも…?しれないですね〜

街角の隙間に捨てるゴミは、心の隙間に詰まったゴミのように見えて、
それを捨てることで、気持ち良い1日の始まりな気持ちにさせて頂けました。


そして8時になり歩いて来た道が綺麗になったー!!!
と思っていたのもつかの間。
もう誰かがポイ捨てして汚れている。

正直、やるせない気持ちにはなりました。
相手をコントロール出来ないとは言え。
この気持ちをどう意味づけすればいいのかなぁと思っていたのですが、
僕のメンターの言葉を思い出して、
結果を大切にするんじゃなく、自分の大切にしたい事を大事にしなさい。そうすると、結果、結果上手く行くよ」でした。
僕は昔から結果を出さなくっちゃ!!結果を出さなくっちゃ!!
と頑張って頑張ってでも未達成で、しんどかった時期がありました。

今日の出来事で更に腑に落ちたのですが、
今回の結果を「街を綺麗にする」だったら、
めちゃめちゃシンドイと思うんです。
どんなに頑張っても、また汚れますから(笑)

僕は「誠実さ」と自分の心の内側を大事にしたいので、
街を綺麗にしてスッキリしましたし、
2時間心と向き合え、ゴミに成長させて頂けた事に感謝し、次に活かそう。

これで充分なのかなと。

思った事をダダッ!と書いたので分かりにくいかも?ですが、
鮮度の高い気持ちの方が良いかなと思い書きました♪

ダメっ!ポイ捨てっ!!

お掃除一緒に出来た皆様に感謝。