ミズタニシザーズ代理店

いつもご覧いただきまして本当にありがとうございます。
分からないこと気になることがございましたら、メール・電話にてご質問下さい。
この度はお越し頂きありがとうございました。


テーマ:

いつもありがとうございます。ミズタニシザーズ専門店エンドレス 山崎です。ショールームへお越しの際はディーラー名は【シザーズエンドレス】とお伝え頂きますとスムーズにご対応出来ます。

{8C8CCBBA-1D4B-4F6F-8ECF-7631CCC57D83:01}


日本の美容はサスゥーンの登場と共にセットからカットの時代に変わりました。シザーズを使ったカットが一般化してきたのは、今から約40年ほど前にサスーンによるカットテクニックが紹介された事が始まりだと言われています。それまでのカットの意味は「セットの時に邪魔な余分な毛を切る」程度のテクニックでしかなく、あくまでも主流はセットでした。日本にもカットをメインに考えたスタイルがなかったわけではなく、「ウルフカット(オオカミヘア)」、ベリーショートの「セシールカット」、映画で有名になった「ヘップバーンカット」など有名なスタイルがありました。しかし、この頃はドライヤーの出力が弱く一般ではロッドを使ったセットが主流でした。


サスゥーンカットの基礎は4.5インチシザー(1インチ約2.54cm)で、カット&ブローがメインになってきたのはやはりサスーンが来日してからではないでしょうか。パネルを引き出して髪の毛に対して垂直に切る「ブラントカット」がサスーンによって作られてきました。この時がカットシザースの始まりと言って良いと思います。当時のカットシザースは4.5インチのメガネタイプでサスゥーンの大きな手の中に隠れてしまうような今で言うところのミニシザーを使っていました。



日本製シザースは当時、床屋さんを対象にハサミを作っており美容師さんのブラントカット用のシザースはドイツのヘンケル社の物を多く使っていたようです。その後、日本のメーカーも本腰を入れてブラントカットシザースを作り出し現在では世界一の技術を誇るまでになりました。(間違いなどあった場合はご了承下さい。)


{6601F6DC-91B7-4F66-88E5-F1AD6FA6C1B9}




お読み頂きましてどうもありがとうございます。本日も素敵な1日をお過ごしください。お問い合わせは土日祝祭、随時承っております。ホームページを見たとお申し付け頂けるとスムーズにご対応出来ます。お問い合わせはLINEでも承っておりますので、ご質問・気になる事・不安な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

友だち追加

□■□■□■□■□□■□■□■
水谷理美容鋏製作所 パートナーディーラー
シザーズエンドレス
□■□■□■□■□□■□■□■
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。