2009-04-21 19:50:41

タクザイルを見よ!

テーマ:ブログ
宅八郎の処刑日記

宅八郎の処刑日記

現在発売中の『サイゾー』2009年5月号には「EXILE特集」が組まれていて、ボクもコメントさせていただいている。
しかし、コメントをするにあたって、15人めのEXILE=つまりタクザイルにならないとコメントはしにくいと判断した。こうしたコスプレをすることで何かが見えてきて的確なコメントが出来たのではないかと思っている。ぜひご一読を。

雑誌にはアップのタクザイルPHOTOが掲載されたが、スタジオ撮影でノリノリになってきて踊り出してしまいました。

その「踊っているダンシング・タクザイル」の連続写真をスライドショーにしましたので、良かったら皆さん見てね♪ (カメラマン/田中まこと)

http://photo.ameba.jp/user/takuhachiro/

mixiでは名前も記すことが出来ないらしい、四方宏明もアーチストについてガタガタ語るのであれば、ボクのようにコスプレとかしろっ! 踊れっ!身体を張れ!

おまえの情報も含めて集まってきてるぜ。それから6月に関西に突撃調査に行く! 首を洗って待ってろ!!
ボクは根拠を明示した上で、てめえの「批判」を行ってきている。批判と中傷の違いくらい理解しておけっ。
(以下、外部ブログのコメントから借用)
「それでいて、仕方ない人間は自分の根拠のなさを指摘されると対応が変わる人間のようだ。普段は「上から目線」でものを語り、批判にさらされると急に上目づかいで、(警察や)All Aboutやmixiにすがりつくような人間の文章なんか」
読めたシロモノじゃないぜ。

それから、先日外部ブログにコメントしてくださった方から「あれ、コメント欄が削除されてますよ」「え、そんなはずは」といったやり取りがあった。理由は何だったかというと、同一内容のブログのために、お互いにどちらにコメントをしあったのか、混乱してしまったからだ。

同一ブログは以下参照。

http://takuhachiro.cocolog-nifty.com/

ギリギリでやってる以上、どちらかが落ちる可能性があると思い、このような形にしている(どちらかが落ちた場合、落ちる過程そのものも把握できるようにするため)。

四方宏明、テクノポップやフューチャーポップ(?)、渋谷系、アキシブ系などについて、どうか、みなさん、情報提供ヨロシクお願いシマース。 連絡先を記しておきます。

apple.mayumi.love.takuhachiro@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-04-15 22:10:02

処刑外伝(2)オールアバウト批判「血液型性格気質分類」

テーマ:ブログ
アンニョンハシムニッカ?

宅八郎です。
先日は「テクノポップ」四方宏明追及をお休みして、オールアバウト「韓国語」のデタラメさを指摘しました。
朝鮮語を知らない「プロ・専門家・ガイド」の韓国語講師・幡野泉について触れましたよね。さて、その「オールアバウト」韓国語ページからはこいつが経営している会社での韓国語教室や翻訳サービス案内などのリンクが張ってありました。
翻訳は見積もりを受けているようなので、日本語からの翻訳であればサンプルが届いた段階で、スペルや単語が間違ってるから「文化語」(ピョンヤンの言葉)のスペルや表現に直せとか、日本語への翻訳であればロシア外来語が混じった文化語、さらには15世紀朝鮮の古文とか、超難易度の高いテキストを用意して翻訳見積もりしてもらおっかなーとも思っちゃいました~♪

宅八郎の処刑日記-韓国語

それでね、その後、この女のページを見てみると、次のような記事を発見。

http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20061010A/

「韓国人と、血液型の話題で盛り上がろう!」というタイトル記事ですね。

ああ、バカな女がまたバカなこと書いてるんだろうな、と思って見ていくと・・・。
【韓国と日本の血液型平均分布】(出典『「血液型」の世界地図』/能美俊賢著書)という記述が。

あ、この韓国語講師はこんな本を読んでいたのか。
まるで医学的にも心理学的にも裏付けはなく、さらに統計データ(標本抽出)として話にならない能美の息子のほうの本を読んでいたのか、とあらためてバカぶりを見た思い・・。

能美親子の「説」は科学の体を為していないのですが、世間には誤解があると思うので少し説明しますね。
「血液型による性格気質分類」はかつて70年代に能見正比古(親父のほうね)の出版物をほぼ発端に(厳密にはそれ以前)、世間の人に信じられている面があるが、これは今では「学説」でもなんでもなく、むしろ「迷信」とさえ言っていい。
裏付けるような統計データもこれまでに一度たりとも得られたことはなく、科学的根拠もまったくなく、科学理論として論理も破綻している「迷信」に過ぎない。
とっくの昔に「医学会」「心理学会」「教育学会」、それらですべてが全否定されている事実がある。すでに科学的には「論争」は終わっている。

これは批判や否定の立場からの一つの意見に過ぎないが、血液型と言っても、Rh分類、MN分類などもあり、あくまでABO型というのは赤血球によるもので、白血球(HLA)まで考えると組み合わせは大変な数に及び、とうていABO型でヒトを分けようとするのには無理がある。

余談だが、ボク自身もボクの父親・母親・兄弟も全員、ABO式では血液型はO型だが、それぞれの性格も異なり、ボクのようなおかしな人間は家族親族の中にいない(苦笑)。なので、科学的知識を得る以前、子供の頃からいわゆる「血液型占い」のような「伝説」はとても信じられなかった。

むしろ問題なのは、「血液型による性格分類」が、優生学など明らかな差別につながっていく側面だろう(優生学については詳しく知りたい方は皆さんそれぞれお調べ下さい→キーワードとしては以下の感じかな→健全な血統→遺伝子操作→人種差別→ナチス・ドイツ)。
テレビ番組では、たとえば、過去に大問題を起こした「あるある大辞典」などで何度も紹介されたようでもある。
なお、その番組のみならず、2004年にはBPO(放送倫理・番組向上機構)によって、各放送局に対して「差別報道」としての勧告が出され、それ以降は「血液型性格分類」をテーマにした番組内容は激減した。

差別につながっていく側面で分かりやすいのは次の例かな。
もちろん、一般的に「相性」と言われる不確かなものでの何らかの正当な対人関係の行き違いが生じる可能性もあるのは理解しやすいでしょう(恋愛・結婚とか分かりやすいかも)。
さらにより深刻なものがある。たとえば「骨髄移植」だろう。血液が移植によってドナーのものに変わった時に性格・気質に変化が現れるのではないか、という世の中の不安感・不信感だ。それはやはり適切な人間関係構築の上で齟齬をきたす可能性がある。

ただし、この「韓国語」コーナーの文章は批判するにしても、あまりにも面白くもなかったので、そう言えばと考えてオールアバウト内をさまよってみた。
すると、どうかしている文章をいくつか発見するに至った。最も問題だと感じたものは、取っておく(さらにその大問題ガイドの追及をまとめてするためです)。ただし、以下の記事もあきれてしまうとは思いますよ。

「英語の学びなおし」
http://allabout.co.jp/gs/englishagain/closeup/CU20081024A/

「B型の人は英語が得意って本当?!」
「世界初!? 血液型と語学力の関係を調査しました!」

宅八郎の処刑日記-英語学びなおし

古賀和歌子という女性ガイドです。本文の最初のほうにある次の文章をお読み下さい。
「今回私が独自に調査した結果、血液型と語学力のとても興味深い関係が明らかになりました。血液型と語学力の関係を調べた調査はもしかすると世界初かもしれません。」

自信満々ですね。「明らかになった」とはね。「世界初」って、おそらく人からは「そんな馬鹿馬鹿しい調査は世界で誰もしたことがなかっただけ」と言われると思いますが。
少し整理してみます。
1.こいつが調査しようと思ったキッカケはこの人自身がAB型で、英語仲間と話していたらAB型の人がやたらと多いことに気づいたこと、らしいです。
2.仮説(?)を立てて、「自分の読者」に対してアンケートを実施したようです(2008年10月)。まず「仮説」って気になったりしますけど(笑い)。
3.ところが、その「アナタの血液型は?」という設問に対して、それぞれの血液型のパーセンテージだけが記されているだけで、サンプル数は一切書かれていません。そもそも「自分の読者を対象に」という標本抽出には大きくバイアスがかかっていると思われます(知識のある方であれば、「母集団」「第三者による追試・査読さえしていない」という用語などでご理解いただけるでしょう)。→要するに意味のある関係性の証明とは言えない。
4.次にこの古賀和歌子という「専門家・プロ」のガイドはTOEICや英検でハイスコアを持つ人たちのmixiコミュニティでもアンケートを実施したようです(→何の追試にもなっていないことは理解できると思います)。
5.アンケートに要した時間は約20日間だったそうです(失笑)。
6.この「自信ある調査結果」の上で、こいつは各血液型、特に「B型は英語の得意な人が多い」という結論を導き出しています(大丈夫でしょうか?この人?)
7.さらに、この女は「分析」を進めた・・・そうです。その結果が以下です。みなさん、笑いをこらえるよう、ガマンして下さい。
「B型に英語が得意な人が多い理由は、〝ハマるとわき目もふらずに頑張れる〟というB型の長所にあると考えられます」
さらに、このバカ女の各血液型分析は続きますが、もういいでしょう。最終的には自分のお客さんを減らしたくなかったのか(!)、こう結んでいます。
8.「どんな血液型でも努力すればかならず報われる」(爆笑)

※なお、関連記事には「星占いで英語力アップ」という記事もあるようですよ(笑い)。

さて、ボクは文章についつい(笑い)という表現をしてしまうクセがあります。この記事についても、確かに(笑い)と記してしまっています。
しかし、それは人によっては「笑ってすむ」場合もあれば、人によっては「笑えない」こともあるでしょう。

宅八郎の処刑日記-英語学びなおし

ボクはイギリス語やアメリカ語は得意ではありません。恥ずかしいのですが、義務教育レベルの英会話にすら自信がありません。
しかし、世の中には「英語力を身につけたい」と切実に願っている方も多いはずです。そして、それらの方々には血液型迷信を「そうなのかなぁ」とばくぜんと信じている方もいらっしゃるはずです。そう言った方々はこうした記事を見て、何をかをマジメに受け止めて感じてもおかしくはありません。「専門家」の言葉だからなあ、と。

世の中には真に尊敬に値する「専門家」はいらっしゃいます。しかし、「オールアバウト」の専門家はまったくアテにならない信じちゃいけない人物が多いのではないかという気はします(全員を検証してはいないので断言は避けておきます)。

さらにもういくつか、血液型にまつわるスゴイ記事、こっちは笑いとして読者のみなさんにとっては「娯楽の提供」をしたいと思います。

「マネープラン」コーナーです。
http://allabout.co.jp/finance/moneyplan/closeup/CU20040629A/index.htm

「初心者編・血液型ブーム再来か? 血液型別マネープラン??」

宅八郎の処刑日記-マネー
コレに関しては興味のある方は読んでみて下さい。ボクはあまりお金に縁がない人間なのでスルーしました。

それから何と「家庭の医学」コーナーにも血液型と性格という記述を見つけました。
このガイド・医学博士ですよ。

http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20040907A/index.htm

ただ、さすがに医師だけあって、見出しはスゴイですが、あまりにも非科学的にデタラメな結論にまで踏み込まないようにガマン(?)しています。その意味ではそれほど大した記事ではありません(ボク自身が医師ではないから、そう感じただけで、医学に詳しい方なら、誤解を与えかねない表現などの問題は発見可能かもしれません)。


では次に「収納」コーナーです。
http://allabout.co.jp/family/storage/closeup/CU20060215A/index.htm

「血液型で収納スタイルが分かる?」
この道のプロとしてガイドしてくれるのは、すはらひろこという専門家です。
ルックスはまったく違いますが、肩書きはどこか叶姉妹を思い出させてくれた「住空間デザイナー」だそうです。一級建築士で華道草月流師範という、肩書きの複合ワザを持った方です。

宅八郎の処刑日記-収納おばさん

このおばさんは次のように言っています。
A型 コツコツと地道に暮らす農耕民
B型 食料を求めて移動する遊牧民
O型 獲物を追いかける狩猟民
AB型 定住と移動のミックス

はあ~? 確かに良く血液型性格気質分類で「農耕民族とか狩猟民族」って言葉が出てくるんですよね。この人もそうでした。
まず、人類学との矛盾で言うとしたら、日本では1500年ほど、世界では2000年弱ほどの農耕文化で、仮に「農耕民族」という分類をするのであれば、世界中の主要民族すべてが農耕民族になりますよ・・・。

まあ、このガイドは個人的に気になっていた「血液型と収納」についてまとめてみたようです。そして「血液型と片付け散らかし方タイプ」を次のように結びつけています。
A型 平らに広げるタイプです。A型はトビラの奥にモノを仕舞って隠すよりも、一望を見渡せるような「見せる収納」が向いている・・・とのことです。
O型 次から次へ順を追う狩猟的な収納。山のように積み上げるタイプです。このタイプは片付けるルールを持つことをお奨めします、とのことです。
B型 情報が命の遊牧民的な収納。散らかりと片付けを頻繁に繰り返すタイプらしく、探しやすくて戻しやすい工夫で収納することをお奨めしています。
AB型 A型とB型のミックスタイプです。出た~、ミックス(何の意味もない)。置いておく場所を確保し、モノをざっくりと片付けておけるバスケットをおく定位置を決めておくといいみたいです。

う~ん、とりあえず、いつでも部屋崩壊しているボクとしては、このおばさんの「独自理論」は何でもいいから、すぐに部屋を片付けてもらいたいです。そんな気持ちにさせられたボクでした。片付けてくれよ!(悪人を片付ける・始末するのはわりと得意ですが、部屋はメチャメチャです)

そして、オールアバウトの中のこうした記事を見ていくと、本当に悪質な人間に突き当たってしまったのですが、追及までには少し時間をいただけると幸いです。


さて。
これほど、非科学的で先入観にまみれた差別的な記事を、いくつも平気で掲載している「オールアバウト」というサイト、これを問題サイトだと考えても不思議はないでしょう! もしも「オールアバウト」サイドがボクの批判批評を恨むのなら、キッカケになった「テクノポップ」四方宏明を恨んで下さい!
宅八郎の処刑日記-shikata-i


宅八郎の処刑日記-オールアバウト社長

(つづく)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-14 14:48:54

北野誠? いなくなれば良い人間

テーマ:ブログ
テレビからも消えた!北野誠、全番組降板のウラに…

http://news.cocolog-nifty.com/cs/catalog/cocolog-news_article/catalog_entame-200904131944_1.htm?c=app.f.1
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=807148&media_id=43

どうでもいいヤツのことだが、メモだけ書いておく。
ハッキリ言ってこいつのことを良く知らないし、その大阪ローカルのラジオ番組も聴いたことは一切ない。
ただ、90年代初頭。こいつがデビュー直後だったのか良く知らないけど、雑誌で次のようなインタビュー・コメントをしたことがあった。
「宅八郎にはケンカを売りたい!」
正直、こいつや、どうやらお仲間らしい竹内義和という人についてあまり分からなかった。竹内氏については過去の怪獣関係資料を編纂した実績しか正直良く知らない(それだけは評価に値する仕事だったと考えています)。

ただ、90年代にまったく意味も解らず「ケンカを売りたい」とか言われても、馬鹿馬鹿しくて困ってしまったのは確かだ。その時、ボクはすでにあるテレビ局とトラブルがあって放送局出入り禁止になり、北野武さんからだけプライベートで食事に誘われていたことがあった時期だったと思う。
それで、「同じ北野=キタノでもえらく違うな」というコメントは確かにどこかで発表したはずだ。
その後、誰かから、こいつや竹内のラジオで、何の根拠があったのか分からないが、ボクの批判を何度も行っていたとの話は聞いたことがある。「大阪発だから大丈夫だ。東京では聴かれていない」と甘く考えているフシもあったが、どうでも良かったので、ボクもCheckする気にもなれず、何もしなかった。
また、数年後だったかと思うが、こいつや竹内がその該当ラジオ番組で問題(確か山本リンダさんに対する発言)を起こした時に、「覚悟があるなら、適当な謝罪会見で逃げ切るような卑怯なマネをしないで、事務所なり放送局を巻き添えにしてでも、死んでもかまわないような覚悟で臨めば」というようなコメントは発したような記憶がある(こいつら、正確に覚えておくほどの人間ではないので、皆さんどうかご容赦ください)。
※それから、こいつらが公共の場で小林よしのりに迎合するようになったとも聞いたが、それももしかしたら、ボクに対する当てつけだった可能性はゼロではない。
これまた、卑怯な(そういう表現に疑義・異論があれば論争には応じます)、オタキングこと岡田斗司夫という人間が現時点で、擁護発言をしているらしいね。どうでもいいけど。ああ、岡田に関しては何か記してもいいよ・・・。
北野だっけ、いなくなれば良い人間にはさっさと去ってもらいたいね!!

●何か異論がある方は「キタノの違い」についても言及する形で、お問い合わせくださるとボクにも理解できるかもしれません。
追記・ボクは大阪(関西)から来た仕事でも一切手を抜くことはありません。
また、「大阪(関西)だから放送コード、ギリギリで言えるんだ」と言った発言も何の意味がない無根拠な言葉だとも思っています(特権意識??)。
つまり、「大阪(関西)」ということに何の差別も逆差別も感じていません。ボクは大阪(関西)も東京もすべて等しく受け止めさせていただいています。
ケンカっぱやいと思われがちなボクですが、これまで自分からケンカをしたことは、おそらくなかったかと思います。
ほぼすべての場合で、誰かからケンカを売られた場合、それに対して応戦していただけだと思いますです。
まず先にボクが引き受けている仕事や環境の話を少しします。
1.地価やコスト、人件費、その地域での平均収入、娯楽に対する出費価値などなど、東京と大阪(あるいはそれ以外の地方)が異なっている認識は常識的にはあります。
2.要するにすべての基準を東京基準に考えていません(東京が正しいわけでは、まったくありませんので、相手や条件に合わせてます)。
その上で。。。
うん~・・・。
「キタノ違い」、それはボクもね、必ずしも「才能」のある人間だけを相手にしていきたいとか、そういうことはまったく無いんですよ(もちろん、人それぞれの才能は評価したいです)。
だから、いくら北野誠が頭が悪くてカンも悪くてもね、別にいいんです。人を小馬鹿にしたりしなければ、ね。
同じ北野氏でも、ボクが知っている東京の北野氏は人をコケにする場合でも相当に言葉や意味合いを選んでいたと感じます。
お会いした場合、ボクは当然相手には言わないと思いますが、たとえ相手に「才能」を感じなかったとしてもね、何か一生懸命やっていたり、切実に「今・現実を生きている」人を本当に尊敬する気持ちや敬意はあるんです。これはボクの真の思いです!
でね、たとえば誰でもいいですけど、本人を目の前にした場合、相手が「いい人」だったりすると、ボクはまったく攻撃的でも何でもなく、ニコニコとお相手お話ししたいわけです(そうしてきたし、今後もそうします)。
ビール飲んで乾杯~♪
ただし、ここで一つ言っておきます、
ボクはたまたま今東京に住んでいますが、東京はまったくエライわけでも何でもありません。もちろん生まれも育ちも東京という方はいらっしゃいますが、ボクも含めて基本的に東京は「地方出身者が集まった首都」でしかありません、多分。
ところが、大阪(や関西)の方など、東京以外の方々は「東京には負けへんで」みたいな根拠の見えない意識が強すぎます。例えばある時期の在阪テレビ局の企画書は「東西対抗」みたいな企画が多すぎて、意識のない東京の人間としてはとまどったことがあります(笑い)。今でもそうかも???
歴史を学べば、東京より大阪(特に京都)のほうが、元来日本の中心だったとしても、それは学問の世界(京都学派VS東大学派など)はともかく、一般的なみなさんや現在のメディア発信状況を考えると。。。意味がありません。。。
少し余談ですが、ところで、ボクは「やしきたかじん氏」という有名らしい方を良く知りません。北野誠氏とどちらが「芸の世界」で格上かも知りません。
ただ、東京の北野武氏がやしきたかじん氏の大阪収録番組に一度か二度だけ出演した際に、とてつもなく「特例」と言える条件で出演したことは直接的に北野氏サイドから聞いています。
しかし、今回の話題ですと、どうやら関西ではやしきたかじん氏より格上らしい大阪の北野誠氏(および竹内義和氏)に、話を戻します。
情報の発信源が東京であろうと大阪であろうと九州であろうと、他の地方であろうと、何らかのメディアで公的な発言をしたとしたら、「しょせん地方からの目線です」」とか「長い目で見て下さい」とか、そういう「言い訳」は通じないわけです。特にインターネット当たり前の現時点で。
すでに聡明な方にはお分かりだと思いますが、「舌禍」にあった「被害者」というか「当事者」にとっては、それが東京からの情報であれ、大阪からの情報であれ、何ら違いのないものだとは思います。
「つい失言してしまった」とかではなく、明らかに他者を小馬鹿にして何か(誰に対して何でもいいですよ)を取り上げたのだとしたら、それ自体ご自身が「社会的な死」さえ意識した最終的な責任を取る覚悟もないのなら、それはただの「頭の悪いバカ」でしょう。
ボクは真のバカや天才バカボンは大好きですが、人をとやかく言う、頭の良い振りをしたバカは、死ねばいいと思いますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-04-12 22:24:32

テクノポップ人類のみなさんへ

テーマ:ブログ
「テクノポップ」人類のみなさんへ。

そちら側の方から、そっち「の村」での「派閥抗争・代理戦争・学生運動」に巻き込まれないようにしてくださいね、というアドバイスを受けちゃいました。
ただ、正直あまり良く意味が分かりませんでした。
う~ん、まず第一にたとえば、四方、および四方と共著のある人物、外部ブログで触れた田中さんなどの「その村」での立ち位置(スタンス)や功罪、人間関係、その村の歴史をまったく知りません(なお、江戸末期の渋谷村については当時流れていた渋谷川を含めて調査中です)。

それから、コレまでに色々な方から貴重な情報を受けています。四方のプライベートとか、色々ね!
先日も、多分「テクノポップ村民」の方かな、Perfume&中田ヤスタカファンの方からも、貴重な情報源のメールをいただきました。さっそくご返事しておきましたよ。
それでね。
おそらくですが、四方、四方共著のある人物、田中さん、その3人にとっては(あるいはその村の村民みなさんにとっては)、YMOというバンドをどう捉えるのか、が重要なのかもしれない気がします。

では、YMOについてです。
ボクはほぼ2曲程度しか分かりません。
1.「トキオトキオ」という沢田研二さん『TOKIO』のアレンジ?ソング
2.ロボットアニメ『勇者ライディーン』のアレンジ?ソング
この2曲は間違いなく昔聴いたハズですが、他の記憶だと・・・・・何か「花火の歌」があった気がするのと、それから何だか不愉快に思ったのは「ラジオ体操の歌」です(どちらもどんな曲調だったかな?)、違ってたらゴメンナサイ。
ボクが昭和のテクノポップ・ブームの時には、YMOが確かに人気がありましたけど、ボクにとっては「難しい人たちが無教養なボクをバカにしているような」バンドだった気がします。
特に「体操の歌」は人を小馬鹿にしているような、ソングはまったく覚えていないけど、何か無学なボクはバカにされたような記憶だけはありますよ。。何かね、一生懸命、精一杯やっている(生きている)人間を小馬鹿にしたような、ね。。。
(あと、P-MODELというのもYMOとは感じは違いましたけど、どこか難しい気がしたのを思い出しました)
その点、プラスチックスやヒカシューは知識のない素人のボクにもやさしくてね、その意味では無学な労働者階級の「人民の声」を届けていた気はします。高級な人からバカにされるようなのはあまり好きではなかったです。

こっちはね、テクノか何だか知らないがMIDIとかにどうして白と黒があって、それぞれが2つとか3つおきに配置されてるか分からず、いくらやっても音が鳴らなかったり、いまだに悩んでるんだよっ! MIDIの「ド」でも種類がいくつもあるとか、コードと和音の違いとかってどういうことだっ? 

なので、仮に誰か村民から、
「宅さん、こいつがYMOについてこんなことを書いていたんですよ、言っていたんですよ。ひどいと思いませんか、そうでしょ」、
とかとか、誘惑的に言われたとします。
しかし、ボクとしては「あまり興味が無く、今さら聴き直す気力がありません」とお答えすることになるでしょう。
なので、その村の抗争には巻き込まれないような気はします。

でね、やはり中田ヤスタカってヤツは「蟹工船」を読むところからやり直せって言いたいし、Perfumeとかって女の子たちもね「女工哀史」を一度は読めって言いたいわけですよ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-12 22:15:35

株式会社ミクシィへのメール

テーマ:ブログ
みなさーん、お元気ですか。
宅八郎で~す。


以下の内容のメールを送信しておきましたっ!


株式会社ミクシィ
mixi運営事務局
御担当 名無し こと卑怯者 殿

オタク評論家の宅八郎だ。
名前さえ名乗らず、「返信は控えさせていただきます」とのことで、いいんだな。
じゃあ、一方的に通告しておく。
相手がボクだってコトを分かって無くて、適当に「処理」した結果としてもだ。

なにが「何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。」だ、何の回答もしないでそういうことを書くんじゃない!

お前の会社の2009年3月31日現在の最新情報によれば、だ。
役員はこいつらだな。

代表取締役社長
笠原 健治
取締役
生田 将司
取締役
片山 正業
取締役
小泉 文明
常勤監査役
加藤 孝子
監査役
磯崎 哲也
監査役
佐藤 孝幸

こいつらのどいつに、どれだけの責任があるのか気になるよ。
それから、「従業員278名(2008年12月31日現在、契約社員等含む)」とのことだな。

じゃあ、その278人の中から、お前がどいつか、調べていく。
そして、すべての何らかの責任のあるヤツ、特に名前さえ名乗らない卑怯な「お前」ね。

万が一、今後、ボクの日記の事前相談無く全文削除だとか、mixiアカウントID削除とかそういったことをやったら、だ。

必ず、何らかの責任のあるそいつらを今後何年かかけて「処刑」する可能性がある。用意がある。
そのことだけ、一方的に通告しておく。

2009/04/12
オタク評論家 宅八郎


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1133860400&owner_id=45916


以下の画像は、卑怯な匿名の人たちが働いている巣窟の写真です。


宅八郎の処刑日記-ミクシィ01
宅八郎の処刑日記-ミクシィ02
宅八郎の処刑日記-処刑者01

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-04-06 21:44:25

処刑外伝(1)オールアバウト批判「韓国語」

テーマ:ブログ
処刑外伝「オールアバウト」批判(1「韓国語」)

人権派の宅八郎です。

今回は四方宏明処刑を一時的に中断して、おかしなサイト「オールアバウト」で見つけた他の問題について取り上げてみます。
(四方「テクノポップ」と違って、殺人的ではない程度の優しい文章にしておきますねっ→本当に攻撃追及してやろうかと思っているガイドもいますけどね!)

先日のトークライブでは、今最も注目を集めているニュースのせいか、北朝鮮やテポドンに関する質問が多かったです。そこで、ボクは軍事の専門家ではありませんが、オタク知識として「テポドン1」(中距離弾道ミサイル)、今回問題の「テポドン2」(長距離大陸間弾道ミサイル)、そして「ロドンミサイル」(準中距離弾道ミサイル)。それぞれの射程距離、射弾散布指標=命中精度(命中確率でなく)、あるいは推進燃料など、出来るだけ分かりやすく、「日本にとっての脅威」について軽くお話ししたところ、興味を持って面白がってもらえて大受けでした~。

KOREAね。そこで・・・。
今回はデタラメサイト「オールアバウト」のコーナー「韓国語」について記します。なお、ボク自身の国籍は不明と言うことにしておきましょう。

http://allabout.co.jp/study/korean/

まず、第一に日本における言語学研究では、朝鮮民族が主に使う、ほぼ同一の半島言語を南北統一名称として「朝鮮語」と規定しています(中国朝鮮族自治区などで使われている言葉も含めて)。
つまり、「韓国語学会」などはなく、言語学会の上で言語学者たちはその言語を「朝鮮語」としています。
オールアバウトでも「韓国語」ではなく「朝鮮語」というジャンル名称に変更をしたほうが本当は良いでしょう。出来ますか?
ただし・・・朝鮮=即、北朝鮮を意味するわけではありませんが、そのように想像する方もいらっしゃるかもしれません。少なくとも日本と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)には国交がなく、朝鮮半島(韓半島)を領土とする国家として、1965年から日本政府が認定している国は大韓民国(韓国)になりますので、まあ通称「韓国語」でもかまいません。ここまではまあいいです(笑い)。

ただ、このジャンル「韓国語」のガイド(専門家・プロ)の幡野泉には問題はあります。ヨンセデのオハクタンで学んだ経歴はまあいいですが・・・。
この人は少なくともソウルマル(標準語)ではボクよりも会話能力の高い方だと思いますので、そこは尊敬します。ボクも韓国語弁論大会で優勝したことはありますが、すでに実力は落ちていますし・・・かないません。
ただし、この人が「人に何かを教える立場」であるなら、言語学的理解や「韓国語」に対する基本的理解がありません。入門者や初級学習者には大きな誤解を与えてしまうような解説が目立ちます。いや、もっとそれ以前の日本人としての問題も指摘します。

羅列していくと本当にキリがないですが、たとえば、この人は自分のプロフィールを含めて(!)「ハングル文字」という表記を何度も何度もしています。本当に心配になります! 「韓国語の先生だ」と言ったらバカじゃないかと、韓国人から笑われますよ(また北朝鮮ではハングルという単語さえまったく通じない単語です)。

http://allabout.co.jp/study/korean/profile/mbiopage.htm

宅八郎の処刑日記

ハングルおよびチョソングルの「グル」の部分は正確には「グルチャ」で、意味としては「文字」のことを指します。
ところが、このガイドの教えのように「ハングル文字」とした場合「文字文字」になってしまうのです(♪モジモジしないで~→アニメ「ムーミン」主題歌より)。たとえば、日本語で「ひらがな文字」とか「カタカナ文字」だなんて言わないでしょう(苦笑)。
それを自分のプロフィールに堂々と書いているガイド! こんなに、あまりにも基礎的なところから間違っているオールアバウト「韓国語」はどうしようもありません。

(文字としてのハングルおよびチョソングルは正確には表音文字ではありませんが近い文字ではあります。1446年に朝鮮第4代国王「世宗」が「訓民正音」の名で公布した文字ですが、現在ではまったく使用されていない「字体」もあります→ボクはそれをある程度把握理解していたのでソウルの韓国人に「宅さんはどうして私たちの古文を知っているのですか」と聞かれたこともありました)

他にもこのサイトでの紹介による、韓国語の文法や品詞、発音、語彙の紹介、例文など、苦笑せざるを得ません。例を挙げていくとキリがないくらいです。まず、それらはまったく「標準語」でしか通用しないものです(標準語だとしても、大きく問題はありますよ)。
さらに「文化語」としてはほぼ通用しません。あまりにも理解がないです。また、「エヨ」「イエヨ」の終止形が多すぎて、さまざまな語尾終止形の紹介についても問題はあり、たとえば半島全体における儒教文化的理解の無さを感じました。

http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20081104A/

http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20070313A/index.htm

しかし、自分の無知を棚に上げて、こんなことを言っています。
「外来語の発音にも要注意です!」「外来語は意外な落とし穴なんですよ」などなどと何度も書かれていますね。しかし、この幡野泉というガイドは「外来語」をおそらく英語としか捉えていません(ところが、韓国ソウルでのマクドナルドの現地での略称は知らないようです)。
北朝鮮では1948年から漢字さえも外国語扱いですが、それは置いておくとしても、「文化語」ではロシア語の外来語もあります。しかし、この人はロシア語の外来語をまったく理解しているとは思えません。

http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20071225A/

この項目は「どうして韓国人は日本語が上手なの?」です。
しかし、この文章すべてがまずガイドの「日本語に対するあまりの理解不足」を感じます。結論を言ってしまえば、このガイド・幡野泉は、人に韓国語を教える前に日本人として「日本語を勉強したほうが良い」でしょう!!!

以下この項目でのガイド発言と宅八郎コメントなどなど。
1.「韓国語は、日本語と語順が一緒」→基本構造はそうですが、例外もあります。
(確かに統語としての語順はSOV型で類型としてはそうですが、それは日本語と朝鮮語だけでなく、世界の言語の半数程度はSOV型です)
2.「韓国も漢字文化圏なので、基本的な漢字は読み書きできる人が多い」→まったく、それは事実ではありません。どうして、この人そう決めつけるのかな? よほどのインテリ韓国人でない限り、漢字を読み書きできる人はきわめて少ないです。ただし、新聞の見出しに基本中の基本である漢字が数文字程度使われる場合はあります。あ、これは韓国の場合ですらそうだと言うことです。文化語話者ではまず間違いなく99%ありえません!(1%は政府関係者)
3.韓国人と日本人では「語学学習の目的、そして学び方が違う!」→この解説はこのガイドのただの思いこみです。思いこみを「生徒」に教えないで下さい。
4.「話してなんぼ。韓国人の性格を見習おう!」→語学習得において性格を持ち出すのはバカバカしい解説です。韓国人の性格もそれぞれです(日本人の性格でもそうでしょw)。

あ、このガイドもそうですし、韓国語=朝鮮語に何ら知識がない方には意味が通じにくいかもしれないので一言。
「標準語」とは→ソウルの教養ある人々の言葉
「文化語」とは→ピョンヤンの労働者階級が使う言葉
です!

現在ではソウルの標準語話者にとって、ピョンヤンの文化語はスペルも発音も異なり、別の発展をしているので、韓国人でもおそらく60~70%程度しか理解できる状況にありません。逆もまったく同じです。

さて、「韓国語」ガイド幡野泉のバカさ加減に比べて、同じオールアバウトでも「海外旅行」ジャンルの「韓国」ガイド・松田カノンさんは言語の理解がうかがえ、全然マトモです。
たとえばですが・・。

http://allabout.co.jp/travel/travelkorea/closeup/CU20030528A/

松田さんはハングルが文字だということ、「韓国語」という記述は暫定的に表記する旨を断っていますし、韓国では漢字はほとんど使われていないことなど把握していらっしゃいますね。

http://allabout.co.jp/travel/travelkorea/subject/msub_1-6.htm

さて、これが松田さんによる「ソウル旅行のモデルプラン」みたいです。
(若い女性向きのこのプランをボクは選びませんが→そもそもホテルも予約しないで現地でどうにかしたりする人間です)

ボクとしては、それなら「ピョンヤン旅行のモデルプラン」というコラムも書いて欲しいところです(笑い)。
ボクなら書けます! ただし、モデルプランどおりに回れるか、いや行くことすら出来るかどうか分かりませんし、帰ってこられるかも問題です。ボクも強引すぎる取材を試みたために、国際空港の特別室に拘束され、スパイ容疑で尋問を受けたことがあります(爆笑)。
あ、そうだ、こんなタイトルのコラムはどうかな?

「片道切符で行く素敵なピョンヤンへの旅!」
(♪BGMは「恋の片道切符」♪)
http://www.youtube.com/watch?v=gBjAyYnF4jo

それから余談ですが、トップレベル・ドメインは日本だと「.jp」ですね。韓国は「.kr」です。そして、ほぼ使われていない「.kp」が北朝鮮です。「.kp」ドメインは北朝鮮政府機関「高麗コンピュータセンター」くらいでしか、ほぼ使われていませんが、日本から行った人間ではその施設でコンピュータを操作したのはおそらくボクくらいかもしれません(苦笑)。

このオールアバウト「韓国語」の読者層イメージは個人的には「韓国ドラマ」や「K-POPS」が好きな女性とも思えますが、そうした人たちはテレビをよく見ている気もします。それなら、ソウル標準語とも異なる、タレントのソニンさんやアユミさんのような在日朝鮮語との違いも解説してみてはいかがですか?
(でないと、おそらくこのガイドの教えを受けた日本人は限りなく在日朝鮮語に近い言葉を覚えていくことになる気がするからです)

さて、この問題だらけの「韓国語」コーナーでは、たとえば次のような例文がありました。

「ペ・ヨンジュンさんのポスターありますか?」(ペ・ヨンジュン シ ブロマイドゥ イッソヨ?)
「ロッテホテルに行って下さい」(ロッテホテル カ ジュセヨ)
「トイレはどこですか?(ファジャンシル オディエヨ?)
また、極めつけに
「韓国人の笑顔が見られるフレーズはこれ」として紹介されているのが・・・。
「韓国、最高!」(ハングッ チェゴ!)

これは、このガイド(プロ・専門家)幡野泉という人が最初に覚えたような類の言葉なのかもしれません。

これに対して、ボクの場合、ピョンヤンで最初に覚えた例文は次のようなものです。
たとえば(=リェルル トゥルミョン)、

「偉大なる首領様、金日成主席の万年長寿を謹んでお祈りいたします」
(ウィデハン スリョンニム キムイルソン チュソクウィ マンスムガンウル サムガ チュグォンハムニダ)
「親愛なる領導者、金正日将軍様、万歳!」
(チネハヌン リョンドジャ キムジョンイル チャングンニム マンセー!)
「マスゲームはどこで行いますか?」
(チプタンチェジョヌン オディソハムニッカ?)
また「朝鮮人の笑顔が見られるフレーズ」としては以下のようなモノでしょうか。
「人民こそが革命の主体です!」
(インミニ ヒョンミョンウィ チュチェイムニダ!)

爆笑したこんな記事もありました。
「愛のムチ!~万年初級者から脱出するには」
http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20070320A/

ボクが思うに、万年初級者から脱出するには、あなたの指導を受けないことだと思います!! ムチじゃなくて、あなたが無知。
この人から学んでも韓国語はほぼまず習得できません。少なくともピョンヤンではまったく通用しません。

まあ、「私は~韓国ドラマや韓国映画、K-POPSが好きで~」と言っているような方は上達がかなり難しいとは思いますが(人によっては一生無理です)、そんなSOUTH KOREAの話題がそれっぽく掲載されているこのコーナーはコレはコレなのかもしれません。そういう人は韓国ソウルに旅行してもマクドナルドに行ってればいいでしょ!

結局、思うところがあります。
(これは他のオールアバウト別ジャンルでも言えるコトですが)この「プロ」「専門家」「ガイド」は、自分の韓国語スクールの受講生を募集しているようにしか思えません。

(つづく)

この原稿さえ、mixiでは全文削除される可能性があるわけで、大変ストレスを感じています。



宅八郎の処刑日記
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。