不動産営業マンの業務日報

大工~現場監督~ハウスメーカーの営業を経て、20代後半には会社経営に失敗。今現在は不動産会社役員として主に売買仲介の営業に日々奮闘中!
保有資格は、宅地建物取引主任者・2級建築士・損害保険代理店資格。


テーマ:


不動産営業マンの業務日報-スピードスケート男子500メートル
スピードスケート男子500メートルで銀メダルと銅メダルを獲得しフラワーセレモニー後に記念撮影する長島圭一郎(左)と加藤条治(15日、バンクーバー)



やりました!

銀メダルと銅メダル!



不動産営業マンの業務日報-スピードスケート男子500メートル


一つの表彰台に日本選手が2人。

強かったころを思い出させる光景だった。

15日のスピードスケート男子500メートルで長島圭一郎(27)が銀メダル、加藤条治(25)が銅メダル。

ともに日本電産サンキョーに所属するライバル同士が、日本スピード陣に2大会ぶりのメダルをもたらした。


長島は1回目6位と出遅れた。

でも、あきらめない。「2回目はすっ転んでもいい。飛ばしていこうと」。

2回目はトップの34秒87を出し、ゴール後にメダルを確信。

コーチとハイタッチして勢い余って転倒した後も、氷上でガッツポーズを繰り返した。


加藤は1回目、最初のカーブでバランスを崩しながらも3位の好位置に。

最終組で滑った2回目は35秒07とやや伸びず、タイム表示を見て「ああ」と頭を抱えた。

「てっぺんを取れなくて悔しい」。

それでも胸を張れる銅メダルだ。


遅咲きの長島、早熟の加藤と言われた対照的な2人にも共通点はある。

それはトリノ五輪での屈辱。

長島はまったく通用せずに泣き、加藤は優勝候補の重圧に負けた。


バンクーバーで借りを返したい-。

普段はそんなに多くの言葉を交わさない2人だが、お互いの胸の内はよく分かっていた。

長島は「一緒に表彰台に立てて良かった」。

加藤も「長島さんも金メダルを狙っていたと思う」と言った。


残るは金メダル。

日本選手団の橋本聖子団長は「2人ともこれで満足していないでしょう」と尻をたたく。

不振に苦しんでいたスピードスケート界に次の夢が膨らんだ。



不動産営業マンの業務日報-スピードスケート男子500メートル


おめでとうございます(^o^)




神の肉体 清水宏保/吉井 妙子
¥1,365
Amazon.co.jp


終わりなき挑戦―100分の2秒が人生を変えた/堀井 学
¥1,575
Amazon.co.jp


36秒77―失敗だらけの青春・カルガリーへの4年間/黒岩 彰
¥1,260
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

taku2103右大臣さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラフォー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。