こんにちわ😌

いつもだんだんです✨

さて今回は

個人的に尺メバルを釣る上で思うことについてのんびり書いてみます。
独断と偏見での素人考えなので温かい目で見てやってくださいね😌

そして山陰エリアは魚影が濃い素晴らしいフィールドであるという事を前提としての話です。





まず、個人的に尺メバルを釣る上で重要な事は

場所が6割


道具が3割


残りの1割は


だと思っています

メバリングに限った話ではないのですが、魚釣りって場所や道具や運を足していき、マックスを10と仮定した足し算で

日によって場所が4+道具が2+運が0のトータル6の日だってあります。

メバル釣りに対して自分でも少し変な考え方をこじらせてしまっている様に思います。笑


個人的にはこの足し算を10にする為にはどうしたらいいのかと考えながら釣りをしています。

また尺メバルを捕獲する上で最後の運の要素である1割をどうやれば0から1になる確率が上がるかを考えています😌

個人的な見解として、使う道具や場所と言う選択を間違えない限り、プロの方でも、私の様な素人でも7割ぐらいまでは安定して釣果を持って行く事が出来る釣りがメバリングだと思っています。



個人的に一番重要なのは場所の選択であり、その日の場所を探し当てることが一番難しい事の様に感じています💦

また、大型のメバルを狙うのであれば尚更です💧



ただメバルを数釣りたいなら漁港でも充分チャンスはあります😌

ですが、釣り人の性分として
やはり大きな魚を釣りたくなるもの、そして数が釣れれば更に良いのです✨





昔エギングの師にどうしてそんなにイカが釣れるのかと尋ねた時


そんなもん、釣りしてる場所にイカがおるかおらんかだけ。
イカの目の前にエギが通るか通らんか。
そんなに深く考えた事ないわ!


と、なんともシンプルな答えでした。


ですがメバリングにおいてもその答えは共通なように思える今日この頃です。

きちんとメバルが釣れる場所でしっかりメバルの目の前にリグを送り込むことの重要性。

メバリングを始めたばかりの人でも場所さえ良ければ島根半島においてはかもしれませんが、20後半の良型メバルは釣れるわけです😌


とにかく一番重要なのは場所なのです。

メバルが釣れる場所の引き出しの多さ、地形、潮のヨレる場所や、どのタイミングにどのポイントにメバルがさしてくるかを知っているかどうかがいかに重要なのかいつも思い知らされます。

個人的にはこのワームでとか、このジグヘッドでとかより場所は一番重要な要素です。

逆を言えばそれを知ってさえいればかなりの確率で釣れてくれる魚なのかなと思っています😌




しつこいぐらい場所について熱弁してますね。笑


次に道具についてですが
これがまた難しいのです💧

個人的に遠投で広範囲探れるだけでもかなりメバルに対するアプローチに優位性を感じており、8フィートを超えるロングロッドでのフロートリグ遠投の釣りがメインです。

昔琵琶湖でバス釣りのウェーディングゲームを楽しんでいた頃、数メートル人よりも遠くに投げることの重要性を嫌という程痛感している為特に思うんです😌

私の理想を述べさせてもらうと、遠投するための長さやメバルの強烈な突っ込みに耐えきる強さを兼ね備えながらも、潮流や繊細なアタリを取る事が出来る繊細さを兼ね備えたロッド。

または感度や操作性が良く、尚且つラインブレイクしにくいライン。


普通にこの理想を道具に求めると矛盾だらけになるんです!笑

シーバスロッドのような強さを求めると、強引なファイト中にメバルの口が切れて可哀想な事になり、逆にキャッチ率が低下したり、またアジングのような繊細さを求めると根に潜られラインブレイクし、これまたメバルにダメージを与えてしまう。

また、ラインを太くするとメバルとのファイトにおいてキャッチ率は上がるものの、著しく感度や操作性が落ちたり。
しかし、ラインを細くしすぎるとアタリや操作性は上がるものの、メバルとのファイトにおいてラインブレイクによりキャッチ率は下がってしまう。

人によって感性はことなり、好みもことなり、釣り方だって人それぞれなので何を持って良しとするかは全然異なる訳で、これがまた非常に難しいです💧


またメバリングにおいて、バラしや、ラインブレイクはメバルからの重要な情報提供であり、とても分かりやすい不正解だと思うのです。

運が悪かったと何も考えないのか、それとも何故この魚をキャッチ出来なかったのかと考えるだけで必ず道具選びの正解に近づけるように感じています。

キャッチ出来たメバルについて考えるより、取れなかったメバルの理由を考える方がメバルのキャッチ率は必ず変わると思います。



だからこそ道具の見直しにもつながる訳なんですが😌


最後に運についてですが

これはただ単純な運と言うより

月の満ち欠け、潮をきちんと読むこと、ベイトが回遊してくるかどうかの読みであったり、メバルがさしてくるか、浮いてくるかどうかで0を1にする事だと考えており、自然を相手にする上でメバルの活性の良い状態の時に釣りが出来てるかどうか😌

色々と状況を読み、それがアタルかどうか。


これが運の要素と思っています。



今まで幸運な事に沢山の尺メバルに出会って来ましたが、不思議と自分のイメージ通りの展開で釣りが出来て、全ての条件が揃ってる時って尺メバルが釣れてくれる事が多いのです😌✨



ただ、これについては私も未だによくわかりません!!
だって自然相手ですもの。笑
外してしまう事も多々あります💧



私は自分を冷静に分析すると
釣りは決して上手くはありません💧

メバリングって

ただ投げて巻く


ただただシンプルな釣りなので、比較的上手い下手は反映されにくいカテゴリーの釣りだと思います😌

だからこそ、微妙な違いで釣果に差が出るのかもしれませんが。


また、ジグ単での釣りにおいてはかなり釣りの腕で釣果に差が出ると思います。
正直ジグ単やプラグで釣ってるブロガーさんのブログを拝見すると

釣りが上手いなぁと一人でため息をついてしまいます✨
めちゃくちゃ本音がダダ漏れです。


尺メバルが釣れるという事はきっと、そういった足し算で、場所と道具と運が釣りをしている時にマックス10に達した時に釣れてくれる魚なのかなぁなんて思いながら、次はいつ釣りに行けるかソワソワしている今日この頃です😌



あー

早く釣りに行きたい!!笑

だらだら書きましたが、最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございます😌✨