春先だけ!期間限定の関東煮(おでん)「菜の花」を今朝も仕込んでます! | 創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』が、さらに百年続くための取組み日記
2014-02-22 12:08:33

春先だけ!期間限定の関東煮(おでん)「菜の花」を今朝も仕込んでます!

テーマ:■関東煮(おでん)
■春先だけ!期間限定の関東煮(おでん)「菜の花」を今朝も仕込んでます!

こんにちは!
「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年170周年をむかえる『たこ梅』の五代目店主 てっちゃん(岡田哲生/Tetsuo Okada)です!

今週やっと始まった、春先だけの期間限定の関東煮(かんとだき/おでん)があります!
それが、コレ!
「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)!!

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)
「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)です!
かすかなホロ苦さがたまらない大人好みの関東煮

菜の花を薄揚げでまいて、結わいてあるだけ、、、
注文すると鍋に放り込めばいい!
「なんて、簡単な関東煮(かんとだき/おでん)やん!!」なんて、思ってません?

菜の花をそのまま「生」で関東煮鍋に放り込むと、アクはでるし、色も鮮やかな緑色にはなりません!!

実は、毎朝、菜の花をサッと沸騰した湯にくぐらせて色止めします

沸騰した湯で色止めした「菜の花」
沸騰した湯にサッとくぐらせて色止めした「菜の花」
鮮やかな濃い緑色になります!!

沸騰した湯にサッとくぐらせ、スグ、冷たい水に!!
その後、粗熱(あらねつ)を取るのとアクをぬくため、流水でさらします!
そうすることで、鮮やかな深い緑色に色止めができるんですね


そのあと、水切りをしているのが、この写真の菜の花です

この後、ひとつずつ、大きさや長さを整え、薄揚げで巻いていきます
あとは、お客さまのご注文をきいてから、関東煮鍋へ、、、

簡単なようで、ちょっとした、ひと手間、ふた手間、、、かかってます
やっぱり、手間をかけたら、それだけ美味しくなりますからね!!(^^)v

ちょっとした、手間が大事なんやなぁ~!!
ガッテンいただけた方は、ぜひ、応援のクリックもお願いします!!(^o^)/
(クリックしてもらうとブログのランキングがアップです!)
↓ ↓ ↓
$上かん屋「たこ梅」五代目の浮世草紙-ブログランキングバナー 梅


◆酒場人のオアシス★上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん◆さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス