【鉄】流す | つれづれtakofu-mi:とある大学生の脳内に渦巻く何か
2009-07-04 11:12:16

【鉄】流す

テーマ:【鉄】気まぐれコラム

つれづれtakofu-mi:とある大学生の脳内に渦巻く何か つれづれtakofu-mi:とある大学生の脳内に渦巻く何か

左のプリウスのほうはあまり流れてないですけど、自転車のほうはかなり流れたかなと。

実はこれ、携帯で撮ってます。通常シャッターです。ナイトモードとかではないです。

携帯のカメラって処理速度が遅いので、実は結構おもしろいことが起こります。

たとえば、自転車の写真で奥の方を自転車と反対方向に走っている車(の残像)に注目してもらうとわかるんですけど、処理速度の関係で像が歪むことがよくあるんですよね。


つれづれtakofu-mi:とある大学生の脳内に渦巻く何か

この写真なんて8000系ですけど、画像を上から処理している関係で、車体の上半分と下半分でずれが生じて、そのぶん前面が前傾しているように見えます。しかしそれは残像によるイリュージョン。ケータイで撮影したときよくこれで写真をボツにしてます。普通のカメラは持ち歩くものですね。あと、流すならいいカメラでですね。


追加。カメラをわざと傾けるとこの傾斜がうまく解消されることもあるんですね。流す瞬間にカメラを被写体中心に回します。
つれづれtakofu-mi:とある大学生の脳内に渦巻く何か  つれづれtakofu-mi:とある大学生の脳内に渦巻く何か
上の写真は回すのが早すぎた例。駅の看板が歪んでいる。
そしてそのとなりは、前面はちゃんと垂直なのだが、背景と車両のドアが横に倒れてしまった例。

こうやってみると、漫画とかでの、モノをナナメに倒してスピード感を表現するってのはあながち間違いではないということが感じられた。


つれづれtakofu-mi:とある大学生の脳内に渦巻く何か
で、うまくいくとこんなかんじになる。少し駅のホームの柱が曲がっていたりするのだが、それをきにしなければ普通の写真だ。

しかし、ここまでしてローテクカメラの技術を磨いても、なんにもならないなあ…

takofu-mi(たこふーみ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス