『都庁パーフェクト合格ゼミ2018』のコンセプト | 受験生の知らない公務員試験の裏のウラ

受験生の知らない公務員試験の裏のウラ

間違った情報や無駄な対策に振り回されがちな公務員試験。公務員試験合格者としての視点から、大手予備校の中枢で受験指導をしてきた経験を活かし、本当の受験対策をブログに書き綴っています。


テーマ:
【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加

今年で6年目となる必勝倶楽部の都庁ゼミを、今年は

『都庁パーフェクト合格ゼミ2018』

として実施します。

全国に1700以上ある自治体の中で、東京都は形式的にも、実質的にも特殊な位置づけにあることはご存知のとおりです。

東京都庁の予算規模はヨーロッパ中規模国なみですし、都内には売上高が数兆円を超えるような巨大グローバル企業の本社や、世界中の主要企業の日本オフィスがひしめき合っており、日本全体のGDPの約20%を占めています。さらに、2年後に東京オリンピックを控え、世界から最も注目されている都市といっても過言ではありません。

しかし、このように特徴のある東京都であるためか、受験生の志望理由を聞いてみると、その特徴に過度に依存した内容となっており、受験生の個性が伝わりにくくなっている現状があります。例えば、

「東京都は日本の首都であり、常に先進的な政策を行っていることに惹かれたから」

とか

「東京都が行う政策は国や他の自治体にも大きな影響を与えることができるから」

など、東京都のポテンシャルに依存した志望理由、言い換えれば、個人のポテンシャルに依拠しない志望理由が非常に多くなってしまっています。

このような受験生が多いためか、東京都の面接では、

「具体的には?」

というツッコミがやたら多いことが特徴です。一つの事柄を根掘り葉掘り聞いて、受験生の本音やポテンシャルを見極めようという姿勢が非常に強い傾向にあります。

また、東京都は他の自治体より複雑な行政課題を抱えることも多く、受験生によっては、東京都が行っている政策に関する知識や、東京都が抱える問題の分析などを求められることもあります。

これら、東京都だから求められる資質やそれを知るための質問に対して、ひとりひとりの個性や経験をできるだけ発揮できるように対策していくのが都庁ゼミです。

現時点で面接対策はまったくやっていなくても、なんの問題もありません。都庁で行政マンとして活躍したいという強い思いがある方の参加を是非お待ちしています。

2年連続Amazonベストセラー・ランキング第1位獲得!
『面接合格パーフェクト講座2018』


『時事オリジナル完全予想問題集①②2018』

『経済事情オリジナル完全予想問題集2018』

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加

黒田 隆行さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス