男性の長年のコンプレックスを解消し
本来の魅力を引き出す
男前育成プロデューサー永井です。
  
  
このまえ、実家の島根県に帰省して
小学生のときお世話になった長浜神社の宮司さんに
ご挨拶しました。
  
僕のことを覚えてくださっていて
すごく感激しました!
  


  
  
  
  
さて、本題なんですが
  
タイトルの通りなんです。
  
  
はじめは、すごく後ろ向きだった方がいました。
  
「自分なんて何もできない」
  
「特にやりたいこともない」
  
  
  
  
言葉だけを聞くと
すごく後ろ向きに感じるから
  
こういった方を変えるのってものすごく難しいと
思うかもしれませんね。
  
  
  
  
相手が発する言葉だけで判断していると
  
そう感じると思います。
  
  
  
でも、実は答えは、相手の発する言葉に無いことが多い。
  
ということなんです。
  
  
  
  
  
どういうことでしょうか?
  
  
  
  
  
  
意識にのぼっているような気持ちや考えというのは
  
実は氷山の一角にすぎないということなんです。
  
  
  
  
自分が本当にやりたいこと、というのは
  
海面に見えている氷山の一角、ではなく、
  
海面の下にある巨大な部分にあるのです。
  
  
  
  
つまり、今 意識にのぼっていることというのは
あなたの感じていることの「全て」ではないということです。
  
  
無意識に追いやられているものに
あなたが本当にやりたいことだったり
  
大事だと感じるものが沈んでいっているのです。
  
  
  
  
  
パッと言葉に出てくるものは氷山の一角。
  
だから、話を聴く側は、パッと出てくる言葉を
真に受けてはいけません。
  
  
  
  
相手に、海面の下に隠れている、
氷山の本体にダイブしていってもらう必要があります。
  
  
  
  
本当にやりたいことは何なのか?
  
自分が大事にしていることって何だったのか?
  
  
  
  
人は、何年も生きていると
  
そういうことを忘れていくのです。
  
  
  
本当はあるのに。
  
  
  
  
本当はあるのに、パッと考えても思いつかないから
  
「自分にはやりたいことがない」
  
と判断してしまうんですね。
  
  
  
  
  
  
  
では、「本当は何をやりたいの?」と
質問すればいいのか、というと
  
それもちょっと違います。
  
  
やってみたら、わかりますが、
  
「急にそんなこと言われても・・」
  
とか、そういったことを感じてしまって
相手は困ってしまうのです。
  
  
  
  
  
  
そういった時に有効なアプローチの一つが
  
やりたいこと、実現したいことを100個くらい
書き出してもらう
  
というものです。
  
  
  
  
  
  
なぜこれが有効なのか、というと
  
50個なり100個なりという数を目標にすることによって
  
「うーん・・・何があるかな・・・」
  
と深く考えるようになります。
  
  
  
  
  
これは、海面の下にある氷山に潜っていくことであり
  
はるか通い向こうの海に向かって、遠洋漁業をするようなもので
  
「自分は本当は何をしたいのか」
  
「どんなことを大事に思っているのか」
  
という問いの答えを探す旅に出ることができるのです。
  
  
  
  
  
はじめは、10個くらい考えたら
  
「もう無理・・」「何も出ないよ・・(泣)」
  
という気持ちになるのですが
  
それでも考えてみることで、50個は書き出せます。
  
  
  
  
  
今回のケースでも、まさにそうでした。
  
  
50個という数を目標にするので
  
「なんとかして数を稼いがなきゃ!」
  
という思いになり、自分の心の中に深くダイブしたのです。
  
  
  
  
  
  
その結果、彼は50個を書き出すことができ
  
そして、何から手をつけるか、一緒に考えました。
  
  
  
  
  
すると、実はずっと取り組みたかったのに
  
昔、周りの人に反対されてできなかったこと、
  
それがあることに気付いたのです。
  
  
  
  
そして、それを早速 取り組んでみることになりました。
  
  
それを思い出した彼は、そのときの思いを語ってくれて
思い出してくれました。
  
  
  
  
  
そして、他のことについても、さっそく着手していきます!
  
と言ってくれて、ものすごく前向きになってくれたのです。
  
  
  
  
  
  
些細なことのように思うかもしれませんが
  
何年も何年も、前向きになることができず
  
自分の可能性を低く感じていた彼が
こうやって少しでも現実に前向きになってくれることは
  
目の前で彼の姿を目の当たりにする僕からすると
体中の細胞が震えるくらい感動することなんです。
  
  
  
  
  
  
  
相手が大切にしていること
  
大事にしていること
  
  
  
それを共有し、
  
  
  
ご本人が、なぜそれを大事にしているのか
  
その思いを聴かせてもらうことで
  
「人って本当に素晴らしい」
  
と心から感じますし、ものすごく感動します。
  
  
  
  
  
そういった思いを共有していきながら
  
これからも、多くの方を
深く深くサポートをしていきたいって思います。
  
  
  
  
  
自信を取り戻して
  
自分のポテンシャルを出し切って生きることは
  
本当に素晴らしいことです。
  
  
  
  
私も日々、学ばせていただいています。
とっても感謝です。
  
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
  
---------------------------------
男性の長年のコンプレックスを解消し
本来の魅力を引き出す
男前育成プロデューサー永井

こんにちは。あなたの長年のコンプレックスを解消し
本来の魅力を引き出す
男前育成プロデューサー永井です。
  


あれこれ学んでいるはずなのに
1年前の自分と結局 何も変わっていない。
  
そう感じることは無いでしょうか?
  
  
たくさん本を読んでいるはずなのに・・。
  
たくさんセミナーや勉強会に行っているはずなのに・・。
  
  
  
それなのに、自分の成長を実感できないし
  
あなたの欲しい何らかの結果も出ない。
  
  
  
  
そういうことって
よくあることだと思います。
  
  
  
  
  
  
その理由は単純で
  
単に学んだことを実践していないから
  
なんですけれども
  
では、なぜ実践できないのでしょうか?
  
  
  
  
  
それは、次々と新しいことを学ぶたびに
  
あなたの脳がどんどん上書きされていってしまうからです。
  
  
その結果、日常生活に戻ったときには
  
何らの行動も変わっていない、ということになります。
  
  
  
  
  
本を読んだり、勉強会などに参加すると
  
ある程度は、「なるほど」と感じたりして
感情が動いています。
  
その余韻が心のなかに残ってはいるので
  
「自分は何かを得られたはずだ」
  
と感じるものですが、それは勘違いであって
  
単なる「余韻」に過ぎないんですね。
  
  
  
  
  
  
余韻だけを感じて満足してしまい
  
日常生活の行動には何も変化が起きないから
  
成長を実感できないですし
  
もちろん、その先にある結果も出てこないのです。
  
  
  
  
  
  
  
本や勉強会など、非日常の経験だけでは
人生を変えることはできない
  
とは私がよく言っていることですが
  
日常のなかで具体的に何を実践するのか
  
ということを、明確に意識できていないと
  
日常の行動というものは変化しません。
  
  
  
  
  
本などで学んだことで
日常で実践すべきことを
  
「覚えているかどうか」
  
これが実はかなり重要なのです。
  
  
  
  
  
面倒くさいと思う心も もちろん障害になりますが
  
そもそも「よし、これを日常生活で実践しよう!」と
  
明確に決めて、日常で意識し続けられるか
日常で覚え続けていられるか否かも
  
ものすごく重要なのです。
  
  
  
  
  
  
たとえば、本などで色々なことを学んだとしても
  
「よし、この1週間では、
 物に魂があると思って、
 物を大切に扱おう」
  
と、たった一つのことを意識しておくのです。
  
  
あれこれ学んだとしても
  
あなたの習慣になって
あなたの細胞が記憶して
何も考えなくても実践できるようになるほどに
実践できるのは
  
せいぜい1週間に1つくらい
  
だと思います。
  
  
  
だから、次々と本を読んだりして
次々と新しい知識を入れ続けることに
  
心をとらわれないで欲しいと思います。
  
  
  
  
「1週間で意識しつづけられることは
 せいぜい1つくらい」
  
ということなのです。
  
  
  
  
  
  
  
1つだけだったら
日常生活でも忘れないでいれますから
  
実践しやすいはずです。
  
  
そして、実際に日常生活で
具体的に実践するからこそ
  
あなたの体にそれが染み付き
細胞に記憶され
  
何も考えなくても
当たり前のようにできるようになります。
  
それが内面の成長というものの
一つの側面です。
  
  
  
  
  
  
あなたが本当に人として素敵に
なっていきたいとしたら
  
今日からの1週間で覚え続けて
実践していくことを
  
たった一つだけ
  
決めてください。
  
  
  
それを実践することだけを考えて
生活してください。
  
  
  
  
新しい知識が入ってきても無視してください。
  
あっちこっちに行くから
結局 何も得られないのです。
  
  
  
それだけを実践していけば
深い気づきを得られ、
結果的に、その周りの概念も腑に落ちてきます。
  
  
例えば、さきほどの例にあるように
  
「物に魂があると思って大切に扱おう」
  
を実践しつづけて過ごしていると
  
「物だけじゃないな。
  
 交流する全ての人も大切に扱おう。
  
 実際に言葉を交わす人はもちろん
 自分のことが目に入る全ての人が
  
 爽やかな気持ちになってもらうように意識しよう。
  
 身だしなみを整えるのも
 姿勢に気をつけるのも
  
 全て、自分のためではなく
 周りの人たちへの思いやりなんだな」
  
といったような気付きにもつながっていきます。
  
  
  
まとめると
  
成長できないのは
実践すべきことを忘れているから
  
というのが最大の原因であって
  
だからこそ
  
実践すべきことを「たった一つ」
に決めていくことが
  
とっても大事なんです。
  
  
  
  
ぜひ、今日からの1週間を
学びと成長とワクワクに満ちたものに
していってくださいね!
  
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
  
---------------------------------
あなたの長年のコンプレックスを解消し
本来の魅力を引き出す
男前育成プロデューサー永井

あなたの長年のコンプレックスを解消し
本来の魅力を引き出す
男前育成プロデューサー永井です。
  
  
  
かなり長いタイトルですが
どんなことを思いましたか?
  
  
  
  
  
ちょっとした スキマ時間に
どんなことをしているか。
  
ということなんですが
  
  
  
  
こういった細かいことの積み重ね。
  
これが途方もない差を
生み出していくんですね。
  
  
  
  
  
  
もちろん、人生は
他者との比較じゃないです。
  
  
でも、実際問題、差はつくんです。
  
  
ここをあなたは どう捉えますか?
  
ということなんですね。
  
  
  
  
  
  
別にゲームをするな ということではありません。
  
たまにはしても良いと思います。
  
  
  
  
でも、ちょっとしたスキマ時間に
いつもゲームをしているとしたら・・
  
  
それは、人生の時間をかなり、かなり無駄に
しているということです。
  
  
  
  
  
長期的な目標を設定して
  
そこに向かって前進をする。
  
  
そして、何かを達成していく。
  
成長を実感していく。
  
  
  
  
  
そういうことで
やり甲斐を感じられるし
  
心からの幸せというものを
感じられるというわけです。
  
  
  
  
  
  
結果的には、経済的な水準という点でも
  
どうしても大きな差が開いてしまいます。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
どうでしょうか?
  
  
エレベーターに乗っているとき
  
(もちろん、混雑してたらスマホなんて
 いじったらダメですよ)
  
  
ゲームとかをせず
  
  
「10年後に自分はどうなりたいかな?」とか
  
「今の自分の課題は何かなあ・・」
  
ということを考えて
スマホに記録していく
  
  
といったような作業は
  
一生かかってもできないような
とてつもなく難しいことでしょうか?
  
  
  
  
やろうと思ったらできるはずです。
  
  
  
  
  
この世の中でいわゆる「成功」している人とか
  
歴史に名を残すような人というのは
  
もちろん才能もあったわけですが
  
それを花ひらかせるための
努力をしています。
  
  
  
  
その努力というのは
  
取るに足らないような
簡単なこと
  
その積み重ねに過ぎないんですね。
  
  
  
  
  
  
それを1年、5年、10年、20年と
やっているからこそ
  
他の人からみると
絶対に真似できそうもないレベルに
  
到達することができるのです。
  
  
  
  
  
  
  
そうして、意識して身につけるスキルだったり
  
試行錯誤するなかで、良い方法を見出したものが
  
少しずつ習慣になって、やがて一体化していきます。
  
  
  
やっていることの一つひとつには
  
特別なことや超人的なことは何もないんですが
  
こういったことを継続的に正しく
積み重ねていくことで生まれる相乗効果によって
  
卓越したレベルに到達できる、というわけです。
  
  
  
  
  
  
ということで
  
あなたも
  
何気ないスキマ時間を何に使うかで
数年、数10年先の未来が大きく変わっていきます。
  
  
  
  
  
  
今日から、具体的に、実際に行動をしてみてくださいね!
  
  
  
  
  
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
  


---------------------------------
あなたの長年のコンプレックスを解消し
本来の魅力を引き出す
男前育成プロデューサー永井