リラックスデーの過ごし方

テーマ:

毎日暑い日が続いていますね。


もうすぐ梅雨も明けそうな勢いです。



宅建試験の受験生にとってはこの夏が勝負どころでしょうね。



とはいっても本番は秋なので、

ここで頑張りすぎて燃え尽きてしまわないように注意することも必要です。



集中するときは集中して勉強を進め、

リラックスする時は徹底的にリラックスして疲れをいやす。



そのバランス感覚が必要になってくるはずです。



自分もその点は特に気をつけているつもりです。



一週間のうち1日はリラックスデーを作る。


とはいっても全く勉強をしないのでは実力が落ちますから、

過去問でもう理解をしているところを軽く流す程度にしています。



まぁ、現状維持くらいはしましょうよということですよね。



全く勉強しない日というのは試験本番が終わるまで、

絶対にないようにしたいですね


したい、ではなくします。としたほうが良いかな。



今年はなんとしてもごうかくしたい、、、じゃなくてします。です。

愚直な勉強方法

テーマ:

もしも今年も宅建に合格することができなかったらどうしましょう。



今年こそは必ず必ず合格すると誓ったのに。。。



やるべきことはやっている。



朝早く起きて、毎日2時間は勉強を続けている。


そのせいで少し体重が減ってしまったが気にはしていない。



自分にできることはやっているので、

これ以上のハードルを設けるのは危険な気がする。



それでも合格しないなら。。。



自分は簿記の試験 も受けたことがある。



その時は意外に簡単に合格することができたように記憶している。



宅建試験も同じような感じで合格することができるだろうと思っていた。



世の中それほど甘くはないようだ。



もっともっと自分を追い込まなくてはいけないらしい。



愚直に愚直に。ただし前へ進め。



そう誓ってやるしかない。

最近はじめてしまった訳ではないけれど、

何で宅建を始めたか。


資格の試験 は一度始めたが最後、合格するまでゴールが無い。


毎日の生活に食い込んでくる。これは痛い。



きっと来年は合格してやるぞ!!!なんて強い意識も最初だけ。


何年もたつうちにだらりだららと落ち続けてしまう。



最初からやらなきゃよかった。そんな後悔も後の祭り。



自分の人生だから自分のしたいようにするのが良い。




そんなことは分かっていても、なかなかそうはいかないのが世の中。



これ以上辛い思いはしたくはない。だけど途中でやめるのは腹が立つ。



そんな風にしながらとうとう6回目の受験を迎える。


資格試験なんか始めないほうがよい。

いよいよ今年も

テーマ:

今年も宅建試験が終わりました。


皆さんの成績はどうでしたでしょうか。



思ったよりも簡単だったという声が多く聞こえますが、

ホント??ってあせっている人もいるようです。


自分としてはもうちょっととれたかなって気がしますが。



それでも今はとりあえず、休憩したい心境だね。



来年もう一度受けるにしても、宅建をあきらめるにしても。



いまは、ただそれだけだね。

今年の宅建試験について

テーマ:

今年の宅建もようやく終わった。


一体どれくらいの受験生がいたのかな?



比較的簡単だったようだね。


合格点は37点以上になるような噂も聞くけれど、これは本当でしょうか。



ボーダー上の受験生にとっては、まさにドキドキのところだ。



きっと36点までにおさまるのではないかな、というのが、自分の予想。



それ以上になるとさすがに厳しいと思うから。



なにはともあれ、お疲れ様でしただよ。



来年の宅建試験がどの程度になるかは、


またこれからの課題。



きっと、また受験するとは思うけれど。



その前に行政書士の合格 を勝ち取らなくちゃね。



どちらも、一筋縄ではいきません・・・。

リベンジアゲイン

しばらく。しばらくといってもかなり長い時間。更新していません。


そうです。予想通り、今年もまた不合格になっていたからなんです。



いよいよ今年こそは合格したんじゃないかといううわさもあったのですが、

それはあくまで楽観的な噂に過ぎなかったのです。


これからどのようにリベンジをするか考えているのですが、

もう、いま一つ、テンションが上がらないのが現状なのですね。


なんというか、これが心が折れるということなのでしょうか。



今まで散々不合格になってきているので、

いまさら一度落ちたくらいで、別に何ということもない気がするのですが、

これが以外に後から効いてきています・・・。



そろそろ宅建受験生として、引退する時が来たのかもしれません。

(不合格なので、卒業ではなくて、引退)



ま、残念な自分に腹が立ちますが、仕方がありません。



ネガティブなことを書いても余計に暗くなりそうなので、

そろそろ切り上げようかと思います。



たぶん、今年も受験するとは思うけどね!!

いよいよ宅建を合格するときが来た。


合格した暁にはどのようなことをしようか・・・?


もちろん、不動産業界でバリバリ働く主任者を目指すのはもちろんだけれど、

せっかく得た法律の知識を利用して、

さらに資格取得のための勉強を進めてみたいと思う。


では、どんな資格がいいのでしょうか。


行政書士?司法書士?


いいや、土地家屋調査士がいいかもしれない。


一番身近な感じもしないでもないからね。



それでも宅建合格したレベルでは到底太刀打ちできないでしょう。


さらに根を詰めて勉強を続けていかなくてはならないのだから。



それに合格することによってのみ、

自分の人生の道が大きく開かれていくのかもしれませんね。

う~む・・・。


なかなか勉強が思うようにはかどりません。

このままではまたしても去年同様の悪夢がよみがえりそうです。



そもそも、なぜこんな思いをしてまで宅建なる試験に合格をしなくてはならないのでしょうか。


そんな、根本的なことすら考えたくなってしまいます。

いまさらですが。


会社での出世のため・・・。

自分のスキルアップのため・・・。

将来の独立のため・・・。


考えるときりがないのでやめます。


そうです。

今はそんなことを考えている場合ではなく、

ただ合格することを考えればいいのです。


もう、受験すると決めて実際に勉強にもどっぷりと取り掛かっています。


いまさら、意味を考えている場合ではないのです。


そんなことは試験が終わったあとにゆっくり考えればいい!


そう自分にいいきかせてがんばるしかない。


そう改めて決意をしました。

やってきましたね。梅雨。


この梅雨を越えれば真夏の太陽が待っています!


それでもなかなか明けないのがこの梅雨なんですが・・・。



梅雨があけ、やってくる真夏。

そして夏が過ぎ秋が来るころには、

ようやくというか、ついにというか、宅建試験の本試験が待っています。


このように書くと、まだまだ先のことのように思えて、

気楽になってしまうのですが、

じつはあと半年もありません。



いまから本腰を入れて勉強をしていかないと、

とうてい合格することができないのは目に見えています。


しかも、相手は宅建。


数ある資格のなかでも、もっとも受験者の多い資格の一つではないでしょうか。


そのような難関資格 を目指すのに、

勉強を始めるのが早すぎるということはないでしょう。


夏の前には一通り学習を済ませ、

あとの期間は過去問題や実践練習に当てたいものですね。


そうすれば、合格も見えてきそうな気がします。

ゴールデンウィークも終わってしまったが、

どのようにすごしていましたか?


しっかりと宅建の勉強はできたでしょうか?

わたしは、毎日8時間以上は勉強をしていました。


これだけやれば、絶対合格するだろう。


もちろん、そんな確証はどこにもない。


それでも勉強をたくさんしたという事実は残る。


この事実が自分に自信を与えてくれるのではないだろうか。

そのような気持ちが本番では大事になるでしょう。


きっと、本番まで大して勉強もせずにきてしまうと、

不安や緊張で、本来の実力が発揮できないで終わってしまいそうだ。


それでは、今までやってきたことが水の泡。


そうならないための準備が必要だ。


自分ひとりでできない場合は、

予備校や、通信講座などを利用してみるのもよいでしょう。


宅建試験の通信講座 は、色々な予備校で開催されている。


それを利用して合格するための力をつけることも悪くないと思う。