36点以上の方 | 水野健の宅建・合格魂!養成ブログ

水野健の宅建・合格魂!養成ブログ

独学、通信教材、スクール通学等、人それぞれ勉強方法は異なれど
合格が目標なのは皆同じ!
全ての宅建試験受験生のために受験に必要な知識・情報を発信していきます(。・ω・。)ノ


テーマ:

合格の実力は十分にあります。

36点以上という方は合格する確率は高いです。

ただし、100%ではありません。

 

それでは確実に合格するにはこれからどう過ごせば良いのかです。

 

注意点

〇油断しない

〇完璧主義にならない

〇試験へ向けての体調管理

〇試験当日の時間配分

 

油断についてですが、油断する方は少ないと思います。

周りから、「お前はいいよなー、絶対合格できるから」みたいに言われます。

合格して当然みたいになってプレッシャーが重くなるんです。

 

危ないのは完璧主義の方です。

 

模試でできなかった問題は難問が多いと思います。

もちろんケアレスミスで落とす問題もあると思いますが

正答率50%切るような難しい問題を取れていない可能性が高いです。

 

そこでその難問も取れるようにと勉強します。

もちろんそれは悪いことではないのですが、難問ばかりに気を取られていると

基本的な知識がおろそかになる可能性があります。

 

超直前期に難しいことばかり勉強して、基本をおろそかにすると

模試の時は余裕でできた業法がうろ覚えになってしまい、失点。。。

 

これが怖いです。

 

人間は知らないことを勉強して知っていくというのは

楽しく気持ちいいものです。

難しいことを勉強するのは知的好奇心を満たす勉強であり

合格するための勉強ではないのです。

 

難しいことをやるのは構いませんが、くれぐれも基本を常に振り返りながら

頑張ってください。

 

あとは体調管理。

体調の良しあしで5点くらいは変わります。

 

そして時間配分。

模試では気楽にテンポよくできていても

本試験は必要以上に慎重になりすぎて時間が足りなくなるということが

あり得ます。

時間配分にはくれぐれも気を配ってください。

 

残りの期間は

忘却がないように知識のメンテナンス期間です。

攻撃は最大の防御と言いますが

これ以上不用意に攻撃するよりも防御してれば合格します。

たっけんけんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス