模試シーズンですね(再アップ) | 水野健の宅建・合格魂!養成ブログ

水野健の宅建・合格魂!養成ブログ

独学、通信教材、スクール通学等、人それぞれ勉強方法は異なれど
合格が目標なのは皆同じ!
全ての宅建試験受験生のために受験に必要な知識・情報を発信していきます(。・ω・。)ノ

LECでは0円模試やら実力診断模試というのがあり

とっくに模試が始まっておりますが

先週から実践編となりました。

 

基礎編ではなんとなく点を取れていても

実践編になると急に難しく感じて点数が急降下する方も多いです。

 

基礎編は単なる知識の確認問題ですので

過去問をなんとなくでも回していれば点数はそれなりに取れます。

 

ところが実践編はそうはいきません。

過去問そのままではなく

様々な聞き方で難しい言い回しを含めて聞いてきます。

 

なので、過去問をやってるはずなのに

しっかり理解していないと点数が取れないように作られています。

 

あとこれは無理だろ~という問題も出しています。

 

なので難しく感じるのは当然です。

 

ここで注意してほしいのは

難しいからと言って難しい勉強をするのではなく

解説を見て、過去問に出ている知識で解けなかったのか?

というのを確認してください。

 

すごく難しく感じてできなかった問題も解説を読むと

「あ~その話か~」と思える問題は多いはずです。

 

Cランクとなっている難問の部類を復習する必要はありません。

 

Cランクで知識は難しくても考え方で取れる問題もあるので

解説を確認するのはかまいません。

解説見てもわからないものは放置してください。

成績表が戻ってきて正答率を確認してください。

正答率が50%下回っていれば間違いなく不要な知識です。

だから覚える必要も気にする必要もありません。


そんな問題を模試に出すのは、本試験も難問は必ず出るからです。

 

その難問を解けるようにするのではなく

難問だと即座に判断できる能力を養ってほしいのです。


今回のお話は

実践編を受けて点数が下がってショックの方への一言です。

 

まず、以前の記事を読んでください。

http://ameblo.jp/takkenken1972/entry-11353844933.html

 

模試は模試です。

点数は気にしないでください。

気にしないというのは反省しなくていいのではなく

落ち込んであきらめるなということです。

 

弱点が分かったのはよいことなんです。

 

だから前向きに行きましょう!

 

そうは言っても

点数が悪いと凹みますよね?

凹んだら凹んだで仕方ないですね。

 

ただし、

凹んで「もうだめぽ」とあきらめたら終わりですが

 

あきらめないで、この失敗を糧にして

努力をすると

凹みが大きいほど実力は大きく伸びます。

 

高く跳びたければ思いっきり脚曲げますよね。

脚をまげなければ高く跳べないですよね。

 

失敗しないと弱点、改善点がわからない。

失敗することで気づくことが重要です。

 

頑張ってください!

 

でわわ(σ・∀・)σ