歯磨き粉 | ふじみ野市 たきの歯科の院長ブログ

歯磨き粉

今夜は歯磨き粉のセミナーに参加しました。

 

お口の中は粘膜でできているため、意外といろいろな物質を吸収して、皮膚の10倍~20倍の吸収率があるとのことです。

 

例えば、狭心症のお薬のニトログリセリンは、ベロの下に置くと粘膜から吸収されて、30秒ほどで作用します。

 

歯磨き粉の中には、すぐに健康被害が出るわけではないものの、毎日吸収することを考えるとあまりオススメではない成分も入っている場合があります。

 

ちゃんとした歯磨き粉をお勧めしなければと、改めて考えさせられる内容でした。