たきの歯科の麻酔 | ふじみ野市 たきの歯科の院長ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

たきの歯科の麻酔

たきの歯科の麻酔は痛くないと仰って頂くことが多いです。

 

表向きの理由は、お子さんが多く、なるべく痛くない麻酔にしないと治療が進まなくなってしまうからですが、本音を言えば、院長の私が注射されるのがとても苦手で、今回のコロナワクチンも注射を打たれること自体がドキドキでした。

 

注射を痛くなくするのは経験もありますが、

・その場所に合った表面麻酔を使うこと

・一番初めに針を入れる場所

・針を可能な限り細いものにすること

・麻酔薬を適温にしておくこと

・一定の圧力で麻酔薬を注入すること

等があります。

 

そして患者さまにもご協力が必要で、リラックスして動かないで頂くことが大切です。

 

痛くなく、快適に治療をして、笑顔で通院して頂けたらと思います。