歯ぐきがはれた | ふじみ野市 たきの歯科の院長ブログ

歯ぐきがはれた

お子さんの歯ぐきがはれることがあります。

 

歯の根っこのあたりが水ぶくれのように腫れている場合が、根っこの先に膿がたまっている場合が多く、根っこの治療(神経の治療)が必要になります。

 

生えている途中の永久歯の歯と歯ぐきの境目がロール状にはれている場合、汚れがたまっている場合が多く、しっかりとクリーニングをする必要があります。

 

歯と歯の間の部分はモコモコはれている場合、汚れがたまっている場合や、女の子の場合は二次性徴でホルモンバランスが崩れている場合があり、こちらもしっかりクリーニングして様子を見る必要があります。

 

なかなか治りにくい場合もありますので、まずは歯医者さんにご相談ください。