【試験研究№34】失敗というか変化なし | きのこアドバイザー佐藤元信のブログ

【試験研究№34】失敗というか変化なし

お疲れ様です。

きのこアドバイザー佐藤元信でございます。

 

 

試験研究№34 磁石を使用した実験 失敗。というか目に見える変化はなし。

 

 

上の写真の椎茸で言うと、(菌床上面、磁石二股の先)

成長する際、傘の上側が左に曲がり、ヒダがあるほうが右になるのかも?と興味本位で思っていたのですが。

何も変化が起きなかったようです。

 

しいたけは、光に向かって伸びる。

傘は、重力に反応してヒダ部分を下向きに成長する。

 

など。

 

上記に関連して。

2018年7月に行った実験記事です。

https://ameblo.jp/takikomaresenryaku/entry-12390064503.html

よろしければご覧くださいませ。

 

 

しいたけが成長する過程で、原則みたいなものがあるのかもしれませんが。

決定的にコレ!!と断言できないように思うわけです。

 

いくつもの要因が重なって、しいたけが生長していく。と思うわけで。

群馬県品評会で金賞受賞。そのために。まだまだ理解が足りないことは間違いありません。

 

起こる事象に対して、柔軟に対応していく。

なるがまま。自然のまま。

それができれば、理解も進むように思うわけです。

 

ワタクシは、まだまだこれからです。

 

 

以上

そんなツイてる感じです。

いつもありがとうございます。