介護タクシー許可についてのご相談を

お受けする際に、メーターありきにて

準備をされていることが多いのですが、

実は介護タクシーにおいては、メーターを

付けずに許可を受けることも可能です。

 

一般的に運賃は距離制と時間制に分けられており、

メーターによる運賃については、距離制を

採用し、収受していただくことになるわけですが、

時間制だけの運賃設定で良いよって会社さんは

メーターを取り付けずに許可を

受けていただいて構いません。

 

メーターを付けなければ、メーター本体や

設定料などの費用面も浮きますし、

毎年の検定にも出向く必要はなくなります。

必要無いのであれば、何も無理して

付けておく必要はないわけです。

 

ただ、利用者さん目線になってみると、

メーターを取り付けないのはどうなのでしょうか?

 

時間制ってわかりづらいし、揉め事にも

発展しやすいと聞きますし。

メーターのようにはっきりとした数値が

表示される方が、明確で良いのかもしれません。

 

弊所では介護タクシー単体にて開業される方には、

メーター設置をお勧めしております。

 

メーターを取り付けないとするならば、

訪問介護など通院等乗降介助の算定を

目的とした事業所さんではないでしょうか。

 

介護タクシーでやっていくぞって会社さんで

メーターが無いのは、何となくどうかなと。

 

まぁ、これも弊所による判断ですので、

勿論、どのようなケースにおいても、

対応はさせていただきますから、

お気軽にお申し付けくださいね。

 

 

弊所では久々のメーター無し案件。

 

と、思っていたら、この後に同様の案件を

担当させていただくことになりました。

 

そんなもんですねニコ

 

★ 介護タクシー開業を目指す方は以下のサイトをチェック!

☆ 介護タクシー開業ホームページ    

☆ 介護事業開業ホームページ 
訪問介護指定申請  / 通所介護指定申請