カンバン方式の路上駐車と取締の民営化 | 和光市長 松本たけひろ オフィシャルウェブサイト
2005年12月11日

カンバン方式の路上駐車と取締の民営化

テーマ:行政・地方自治

T社のカンバン方式をご存知だと思います。

部品の在庫を減らすために、ぎりぎりまで在庫を持たず、足りなくなったら看板で合図して持って来させるという方式(めちゃくちゃ荒っぽい表現ですが)です。これがT社の競争優位性の源泉の一つと言われているのですが、欧米ではかなり否定的にとらえられています。

部品を納品するためのトラックが工場周辺に路上駐車をし、渋滞をもたらすからなのですが、日本では表向きにはそれはあまり指摘されていません。

ただ、ブログの時代になって急激にそれが語られるようになった気がします。

多くのブロガーが、T社は道路を倉庫代わりにしていると指摘し、知る気になればその事実は誰でも気付く、周知の事実になりつつあります。

(愛知県の県民対話集会では議事録にそれがはっきり出ていて笑えました。)

企業は公害のときもそうだったのですが、地球環境や社会に迷惑をかけつつそのコストを負担せず、利益を上げる傾向にあります。

そして、社会がその事実に我慢できなくなったとき、初めて企業はそのコストを負担します。

これまで、このような事実が周知になるにはマスコミの頑張りが必要でした。しかし、マスコミは広告主たる大企業にマイナスになる記事はなるべく控えます。よって、なかなか事実は表面化しません。

ところが、現在、広告料に頼らないゲリラメディアである、インターネット、とくに誰でも発信できるブログの登場で、いろいろな社会問題の隠蔽は困難になりつつあります。

皆さんの家の近所では周知でも、隠蔽されている事実があるのもアスベスト問題で分かりました。

さて、某メーカーのカンバン方式の路上駐車は和光市でも時々あります。そして、あらゆるスペースをトラックが占領しています。

ある市会議員が団地の近くの公道の幅の広い部分にいつも停車しているトラックに腹を立て、ガードパイプを置かせました。

しかし、トラックはその外に停まるようになりました。そして、道路はますます狭く、危険になりました。


要は、路上駐車を取り締まればいいのですが、それは基本的にこれまでなかったわけです。カンバン方式の会社は基本的にエスタブリッシュメントの一員だからです。

今後、路上駐車を民間が取り締まるとして、彼らはどう動くのだろうかと実は興味しんしんです。

平成18年度から民間の取締員が街に出てきます。

カンバン方式がどうなるか、実は楽しみにしています。

追記:路上駐車で違反扱いになるのはあくまで運転手のいない場合であり、カンバン方式の路駐は関係なさそうに見えますが、取締りが強化されれば必ず影響が出ると思います。

本当は停車(運転手がいる場合)でも危険は危険なので何とかすべきなのですが。

なお、コインパーキング業界の見通しはウハウハのようですね。

追記:誤解を招いているようなので補足しますが、T社がやっていないのは当然です。下請けに作為か不作為かは別にして、とにかくやらせるのです。T社がやったら在庫の極小化はできませんから。そして、道路が倉庫になるのです。もちろん、優良企業は国の宝です。しかし、相手が優良企業だから「仕方がない」と思って思考を停止する人種では、世の中は変えられません。私は思考停止は避けたいのです。

なお、会社名は一応伏せました。(12/20)

takeyanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース