<実務に役立つ「民法改正セミナー」(全3回)>も最後、相続編を残すばかりとなりました。
 
平成30年7月に相続法が改正されました。
 
 
主な改正点は、
・配偶者居住権の創設
・自筆証書遺言の保管制度
・自筆証書遺言における財産目録の作成がパソコンで可能に
・相続人でない親族も、介護や看病等で貢献があった場合は、金銭請求が可能に
などです。
 
その他の改正点もあります。
 
相続法が関係する業務に携わられている方々(士業、不動産、金融、保険等)にとっては、対応が必要です。
しかし、対応が後手後手に回っている方も多いのではないでしょうか。
 
当セミナーでは、実務において特に注意が必要なポイントやその準備、対応策などを具体的な事例を取り上げながらレクチャーしていきます。
 
座学で知識を網羅的に見に付けるばかりでなく、何とワークが付いてきます。
遺言書を、改正民法下でリーガルチェックするとどうなるのか。
皆さま方に実践していただき、その後に、現役弁護士が解説をします。
遺言書案は、私が作成します。
 
このセミナーを受講して、民法改正に対応できる法律家としてのリーガルマインドを身につけましょう。
 
(セミナー紹介動画です)

 

 
※行政書士、社会保険労務士、税理士等の士業の方や不動産、金融、保険等など相続法を業務に用いられる方を対象として想定しております。但し、一般の方々の参加も可能です。

※セミナー終了後は参加希望者を対象として個別に相談ができる相談会・交流を目的とした親睦会(参加費別途4,000円)も予定していますが、新型コロナウイルス広がりの状況によっては、懇親会を中止する可能性もございます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第3回 家族法  2020年3月26日(木)18:00~19:30
■会場 東京都内 渋谷または新橋近辺にて開催予定(お申込みをした方にお知らせいたします)
■定員 20名様 ※定員になり次第、締切
■受講料 1回2,000円 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<こんな方におすすめです↓↓↓>
・行政書士試験や社労士試験に合格したけれど何から始めていいのか分からない…
・不動産業務や金融、保険業務で相続法の知識が必要
・最低限の実務知識をどうやって身についければいいのか分からない…
・民法改正が実務にどのような影響があるのか知りたい…
・民法改正で遺言書や相続実務がどう変わるのかを知りたい
・民法改正を営業に活かしたい…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<実務のエキスパートが講師>
講師の武山は、相続業務のみならず、幅広い民事業務を行っております。一般的な相続セミナーでは聞けない、弁護士ならではの実務的視点からの深い法律知識をお話します。
お申込み・お問い合わせは下記よりお願いします。
 
株式会社エントラストパートナーズ

TEL 03-6447-1846 FAX 03-6447-1847

<セミナー申込み>
申込フォーム


<その他お問い合わせ>
お問合せフォーム
 

新橋虎ノ門法律事務所 共同代表弁護士 武山茂樹

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村