1、弁護士保険とは
 
わりと近年、開発されたのが「弁護士保険」。
何か事件に巻き込まれた、裁判を起こしたいなどの時に、弁護士費用を保険金として支出してくれる保険になります。
 
2、自動車保険における「弁護士費用特約」
 
 もともと、交通事故の場合は、自動車保険の特約として「弁護士費用特約」というものがありました。
これは不幸にも交通事故に遭ってしまった場合、弁護士費用は保険で賄われるということです。
(なお、自分が保険に加入してなくても、家族の保険が使える場合もありますので、不幸にも交通事故に遭われてしまった方は、保険会社に相談してみてください)。
 
 
 
3、弁護士保険の開発
 自動車事故の場合は、弁護士費用の予測がつきやすいので、昔から弁護士費用特約はありました。
しかし、それ以外の、一般法律事件の場合(離婚や相続、損賠賠償など)は、事件も多種多様ですし、保険料の算出が難しかったのでしょうね。なかなか、弁護士費用一般を賄ってくれる保険はありませんでした。
 
ところが、近年、一般的な事件を対象に「弁護士保険」が開発されました。
おすすめかどうかは弁護士からは何とも言えません。
ただし、各社とも支払い条件が細かいですし、弁護士費用が全額支払われるとは限らないので、加入時には約款をよく確認していただきたいです。
 
4、その他の弁護士費用が出る保険
なお、弁護士費用が出る保険は、特定分野では
 
「いじめ保険」
 
「認知症保険」
 
「自動車保険」
 
など様々なものがあります(保険会社や特約により、弁護士費用が出ないものもありますので、加入の際にはよくパンフレットや約款を読んでくださいね)。
 
弁護士も、保険の条件を確認したほうがよいな、勉強することが増えるなあと思っております。
 

新橋虎ノ門法律事務所 共同代表弁護士 武山茂樹

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村