いきなり何だこのタイトルは!?って感じですよね。

 

社会の変化に応じて法律は改正されます。

 

しかし、弁護士の資格に更新制度はないので、(勉強しない場合は)、弁護士は試験に受かった当時の法律知識のままです。

 

ですので、法改正がある度に、新しい法律を勉強する必要があるわけです。

 

 

細かい法律の改正は、頻繁にありますが、

 

「民法」「商法」「民事訴訟法」といった基本的な(かつよく実務で使う)法律が改正された場合は、しっかり勉強する必要があります。

 

民事訴訟法(民事裁判の手続きを定める法律)の大改正は平成8年でした。私はこの改正を知りません。

 

商法(商人や株式会社について定める法律)の大改正は平成17年にありました。この改正で「会社法」という法律ができます。私は法学部の学生だったので、法改正に苦労しました(年がばれますね)。

 

そして、現在は、民法の中の「債権法改正」、そして「相続法改正」です。

民法は弁護士が使う法律の中でも中心ですし、そして一般の市民の方が一番関係する法律でもあります。

 

法改正があると、弁護士は2通りのことを考えるようです。

 

1つは、勉強のし直しか、面倒くさいな

という考え方です。

 

もう1つは「ビジネスチャンスだ」ととらえる考え方です。

 

法改正があると既存の契約書等を書き替える必要もでてきます。

 

しっかり勉強して、クライアントの期待に応えられるようにしたいですね。

 

そして、法律は社会とともに活きているので、法改正は当然あり得ます。

 

一般の方々にもわかりやすいよう、このブログでも解説していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

新橋虎ノ門法律事務所 共同代表弁護士 武山茂樹

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村