平成初期のオウムのころの憲法議論は、

まず、上九一色村への

大量の人口流入の制限と、

憲法22条の、居住移転の自由の制限から始まって、

 

後日、信教の自由は、マインドコントロールで

信教の不自由になること、

だから、そもそも「信教」の枠外ではないかって。

 

その後で、仮に信教の枠内であっても、

暴力行為が伴うときに、

信教・思想は保護されるのか、

 

なんて流れだったことが、

古い手書きのノートに書いてあります。

 

この順から見て最初に思うのは、

特定候補への投票のため、万単位の多数人が、

住民異動させることは、

居住移転の自由で守られる許容範囲なのか、

行政がこれを保障する必要があるのか、

これが選挙権の保障と言えるのか、

ってことで、

 

その次に、

マインドコントロールする団体は、

思想や信教の範囲で

守られるものではないのではないか、ってこと。

 

30年以上も前の、

大学の授業でならったことが

繰り返されてるだけで、

 

全然新しい議論ではないような。

 

コメンテーターが、

いろいろ言うけど。