七草粥・人日の節句 | きもの若女将の【和文化のススメ】 きものに恋しよう♪    

きもの若女将の【和文化のススメ】 きものに恋しよう♪    

名古屋の呉服屋「たけ屋みずほ」の若女将が
着物、和文化、たけ屋のことなどを綴ります。
和文化を日常に♪「和」のある暮らししてみませんか?
運気もアップの秘訣も和文化にあり♪
❤️日本に恋しよう♪きものに恋しよう♪❤️
 「和」して心豊かな人生を!!

今日は一月七日

早いもので2020年も七日がすぎました。

 

今日は七草粥をいただく日です。

 

お正月、たくさん新年の祝善のご馳走をいただき、

疲れた胃を休め、普通の日々に戻る区切りともされています。

 

邪気を払い、一年の無病息災を祈る七草粥

春の七草

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、

ほとけのざ、すずな(蕪)、すずしろ(大根)

を刻んでお粥にします。

 

今朝、娘に食べさせて学校へ行かせました(^ ^)

 

 

 

 

そして、今日は

五節句の最初の節句、

「人日(じんじつ)の節句」の日でもあります。

一月七日 人日の節句

三月三日の上巳の節句(桃の節句)

五月五日の端午の節句

七月七日の七夕

九月九日の重用の節句

 

の最初の節句なのです。

古来、中国では元日から六日までの各日に、

獣畜をあてはめて占いを行う風習がありました。

元日は鶏、二日は狗(犬)、

三日は羊、四日は猪、

五日は牛、六日は馬を占ったそうです。

それぞれの日に占いの対象となる動物を

大切に扱い殺生をしないようにしていたそうです。

そして新年七日目は、人を占う日にあて、

これを人を大切にする「人日(じんじつ)」という節句としました。

なので、七日には犯罪者に対する刑罰を行わなかったとか・・・

七日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しとされていたので、

七日のには邪気を払うために七草の生命の力をいただいて

七草粥を食べて一年の無病息災を祈る日とされたそうです(^ ^)

もともと日本の七草粥の風習と中国の人日の節句の風習が混ざり合い、

人日の節句の一月七日に七草粥を頂くという風習になっていったそうです(^ ^)

昔は「七草囃子」を歌いながら、七草を包丁で刻んでいたそうです。

 

最近はスーパーでパックになって販売しているので、

昔のように六日に若菜摘みに行かなくても手に入る時代

ありがたいですね(^ ^)

 

あっさりと塩味でいただきました(^ ^)

これで一年無病息災です(^ ^)

 

それでは

今日も「和」して心豊かなひとときを

お過ごしくださいませね(*^_^*)


和文化で邪気払い!
和文化で福を呼び込んでますますハッピーに♪
和文化で心豊かな人生を!!


最後までお読みいただきありがとうございました(*^_^*)

今日も感謝感謝です(*^_^*)

たけ屋みずほ≪http://www.takeyamizuho.com/≫
-------------------------------------------------
 日本に恋しよう♪ 「和」して心豊かな人生を!!
-------------------------------------------------
◆〇◆和文化についてや、
ご感想などをいただけますと
嬉しいです(*^_^*)
 ⇒ wabunka-kimono@takeyamizuho.com

◆〇◆和文化やきものを楽しむ方にご紹介ください
【たけ屋みずほ 若女将の和文化のススメ】
   メールマガジンご登録は
 ⇒ http://www.takeyamizuho.com/form.php?fN=member

************************************************************
【たけ屋みずほのメールマガジン「和文化のススメ」】
〇◆〇 呉服と染めたけ屋みずほ
    http://www.takeyamizuho.com/ 
〇◆〇 担当:佐藤伸枝
〇◆〇 〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通4-45
〇◆〇 052-851-5747

************************************************************
きものを楽しむ
  ときを楽しむ
    わたしを彩る

      呉服と染め たけ屋みずほ

============================================================