「着物にピアスやネックレスってしてもいいの?」 | きもの若女将の【和文化のススメ】 きものに恋しよう♪    

きもの若女将の【和文化のススメ】 きものに恋しよう♪    

名古屋の呉服屋「たけ屋みずほ」の若女将が
着物、和文化、たけ屋のことなどを綴ります。
和文化を日常に♪「和」のある暮らししてみませんか?
運気もアップの秘訣も和文化にあり♪
❤️日本に恋しよう♪きものに恋しよう♪❤️
 「和」して心豊かな人生を!!


テーマ:

「着物にピアスやネックレスってしてもいいの?」
と聞かれました。

というタイトルからFBに

投稿しました。

思いもかけない反応でしたので、
アメブロでも書かせていただくことにしました。

 

着物は引き算の美
洋服は足し算の美

と言われます。
 

洋服はアクセサリーが似合うもの

着物は着物自体、帯自体が美しいので


ネックレスもピアスやイヤリングも必要ないのです🎶

ピアスやイヤリングは洋服に合わせてこそ輝くような気がします。

最近着物でも大ぶりのイヤリングをしている方をみかけますが・・・
してもいいのか悪いのかと聞かれたら
こうやってお答えしています。


全ては調和が大切🎶
和が大切


着物と帯と帯揚げ帯〆

それは家族に例えられるのです。


着物はお母さん
お母さんの大きな愛で体をやさしく包み

帯はお父さん
お父さんの力強さで家族の絆を結び

帯〆帯揚げは子供
個性を出しても調和する子供たち


そこにイヤリングはいらないかも🎶
とお伝えしたら納得してくださいました(*^^*)

でも、ダメと言っているわけではありません。
長年着物の世界にいて、
つくづくそう思うのでこのようにお伝えしております。
ネックレスやイヤリングはお洋服で十分楽しめます。
着物を着てまでする必要がないと思うのです。


あえてつけるなら着物が生きるアクセサリーは
「帯留」と「かんざし・髪飾り」ですね(*^^*)
季節のアクセントや装いに花を添えるなら帯留がオススメです。
(*お茶会には帯留はしないのが暗黙のルールです。
それはお道具を傷つけてしまう心配を避けるためです)
かんざしや髪飾りは着物に合わせていろいろ楽しめます🎶
十分楽しみがありますよ🎶


足し算の美 引き算の美
着物は引き算の美でした

和文化の専門家❤若女将伸枝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス