今日のレッスン開始前に、先日のダブルスゲームの話を聞いてもらった。
頭のどこかに、これだけレッスン料払っているんだからもう少し結果がついてきて欲しいとの了見の狭い思いもあった。

でも話しているうちに、昔の私のコーチ、Oコーチのことを思い出した。
日本ランキング一桁で、数々の試合で優勝し、県でも表彰されてた元選手コーチである。
生徒からよく、
「それじゃ、私たちは勝てないんです」
「コーチの打つボールなんて私たちのテニスの世界で打てる人なんていませんから、そんなボール要らないんです」
って言われてた。
その度に私は、絶対にコーチのようなボールを打てる選手になってやると思っていた。
私の大好きなコーチをいじめるな!勝てないのは自分たちのボールが弱いからじゃないか!

そうか。
私が勝てないのは、質の良いボールが安定して打てないからなんだ。
勝ちたいなら、カットして相手コートに確実に入れていって、嫌なところに落とせばいい。けと、私はちゃんと打ちたいんだ、遠いけど選手たちの世界を見ていたいんだ。

現実は甘くないけど、なんかスッキリした。

私はスピンを打つけど、スピンの練習なんてしたことない。
打つ前に脱力し、時間があれば自然にラケットダウンしているだけ。
だから、ボールがアウトする時の修正方法がまだ意識しないとできない。
意識すると身体が力み足が止まる。リズムも無くなる。テニスを楽しむ気持ちも持てない。

勝てる人はテニスを楽しめる人。今日コーチからもらった言葉である。