中村たけと 公式ブログ 2019

中村たけと 公式ブログ 2019

中村たけと(立憲民主党 神奈川県議会議員)の公式ブログ/活動日誌です。

今日は後援会の面々で忘年会を行いました。
顔を見渡すと、一人一人出会いは全く異なります。ですので、一人一人にそれぞれの感謝の言葉があります。ありがとうございます。

本日、かながわグランドデザイン特別委員会が開催されました。

 

私は強い危機感をいだいております。

社会調査の客観性や正統性が担保されていなけば、それに基ずく政策判断は間違ったものになってしまします。

調査方法が正しくても、結果を捻じ曲げて解釈すれば、同じようにそれに基ずく政策判断は間違ったものになってしまします。

 

 

このようなことが国の命運をかけた政策判断を行う場合に行われたとしたら、国は滅びます。

真の愛国者なら、そのような歴史が実際に日本にあったことを痛切に反省し、

二度と同じ過ちを起こさないためにはどうすればいいのか考えているのではないでしょうか。

 

私は前回行われたかながわグランドデザイン特別委員会において、社会調査の客観性や正当性に疑義を申し上げました。

そして、今回は、社会調査の結果に関しての解釈の問題についても同じように疑義致しました。

 

私は神奈川県議会議員です。

その私が国が亡びると言えば大袈裟に聞こえるかもしれません。

しかし、神奈川県は立派な、そして重要な国のファクターです。

その神奈川県で政策判断を行う前提が歪められているとしたら。。。

本当に恐ろしいことが起こっていると言わざるを得ません。

むしろ、私の判断が間違っているほうが余程気が楽です。

 

私は自分が間違っていることを望み、前回・今回と大学教授、政策シンクタンクの方々にお話を聞く機会を頂戴致しました。

また、時間に限りがありますが、関連する社会科学の本も何冊も購入し読みあさりました。

しかし、残念ながら、グランドデザインすべてとは申しませんが、私が指摘したところに関しては、

政策判断を行う前提が歪められていると判断せざるを得ないという結論に達しました。

 

このままでは、「国破れて、かながわグランドデザインあり」となってしまいます。

そうならないためにも、県民の皆様にから頂いた質問の権利を行使し、行政をチェックしていきたいと思います。

 

 

(追伸)

本日の質疑に関して、いつも私を怒っているばっかりの先輩議員から「よい質問だった」と言って頂けました。

言うまでもなく、私自身まだまだ至らない議員でありますが、少しは県民に資する質問ができていたとしたら、安堵いたします。

今後も自分に厳しく質問作成に妥協せず精進してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神奈川区において市長の説明会が行われました。私も緊急参戦いたしました。



自転車訪問活動も地道にひたすらに行ってます。町で見かけたら、声をかけてください!

神奈川区で横浜市現市長の説明会に参加しました。
私は市長はリコールすべきと考えていますので、その受任者募集のチラシを配らせてもらいました。

反応はよく沢山の方にチラシをお取り頂けました。

私らしいカジノ誘致反対運動を展開して参ります。