ぜひ知って欲しい、県の取り組み。自転車条例が施行されました | ~共に悩み、共に生きる~ 神奈川県議会議員 武田翔のブログ

~共に悩み、共に生きる~ 神奈川県議会議員 武田翔のブログ

世の中におかしいと思うことがたくさんあります。悩みながらも成長を遂げる軌跡を描きます!


テーマ:

新元号の発表に隠れてしまいましたが、新年度となったこの4月は、行政でも多くの節目を迎えました。
3月までに制定された法律や公布された条例が、一斉に施行される季節でもあります。

 

政府に目をむけると、改正入国管理法や働き方改革法が4月より施行されました。
即日なにかが変わるわけではありませんが、入国管理局をかかえる神奈川県としても、決して無関係ではありません。
また、働き方改革法は、県内の企業活動のあり方や、行政サービスにも大きく影響するものと思われます。

新たな法制度の運用を、いかにして円滑に進めていくか。
選挙期間ながらも、やはり気になります。

 

そして、皆さまにはもうひとつ、ぜひとも知っていただきたいことがあります。
神奈川県では先月3月22日に「自転車の安全で適正な利用促進に関する条例」が公布され、この4月1日より施行されることとなりました。
 

これまで皆さまにお届けしてきた県政レポートでも触れていますが、私自身も実現を願い、皆さまとの約束として掲げた公約のひとつでもあります。


どのような条例かと申しますと、今回の条例は「自転車事故を防ぎ、県民の安心と安全を守る」神奈川県の決意表明です。
「ながらスマホ」による交通事故の発生が原因となって高額な賠償が相次ぎ命じられる判決が出ている状況から、自転車の利用と、万が一のための保険加入促進を柱として、このたび制定されました。


新元号発表の陰では、実はこうした地道な取り組みがあります。条例の制定に携わった一人として、ぜひとも注目いただきたいと思います。
そして何よりも、自転車事故による被害の救済が大きく前進することを願ってやみません。


 

神奈川県議会議員 武田翔さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ