マラソン選考結果発表 | ギャンギャンいわしたる!

ギャンギャンいわしたる!

競馬と遊技についての記事や予想、メモ


テーマ:

マラソンの北京五輪代表の選考結果が発表ありましたね。これ、選考する立場って結構難しいでしょう。いうなれば、北京五輪で最も優勝する可能性の高い選手を予想するわけですから、競馬予想にも通じるところがありますね。

特に女子は前大会の優勝者がいる国であるから、もちろん優勝する可能性の高い国であって、もし選考した選手から金メダル獲得ができなかったらそら責任問題になりそうなもの。僕らの競馬予想なんか日にならないくらい責任重大ですよね。

選考基準が云々、議論されますが、競馬予想している身としてはそんな他人に対してはっきりと選考基準を示せるほど単純なものじゃないのはよくわかる。タイムだってペースや展開で大きく異なるし、日本人最先着といっても相対的な判断になるので絶対的な判断基準ではない。レース出場者の全体レベルや、展開のレベル評価、レースぶりの評価など、それぞれの選手に対して事細かに判断していかなければならないのでめっちゃ大変な作業(をした上の結果と思いたい)だと思います。

北京行き最後の1枚を勝ち取った中村選手は昨日の名古屋国際で、ペースは遅いながらもレベルの高い駆け引きの上であり、初マラソンでそんな展開をあっさりとこなし鋭い瞬発力で抜け出した内容は評価が高くて当たり前のように思います。

Qちゃんは故障明けということだったんですが、誰も知らなかったみたいで、これが賭け事の対象なら大問題ですが、単純な勝負ごとなのであくまで勝ち負けの影響は自分にだけ科せられる責任であることから隠していたのでしょう。やはり故障明け間もない期間でしかも休み明けというのはあまりに厳しい条件だったことを考えると、それでもあれだけは知れたことを考えるとさすがQちゃんというところを示せたんじゃないでしょうか?

まあ、これだけ高いレベルの中での選考結果、今回も日本のマラソンはメダルの期待が高いそうです。五輪が楽しみですね。

武史馬王さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス