Appleが、来月15日に新しい MacBook と iPod touchを発表する可能性があるらしい。

MacBook は、iBook Dual USB 発表以来、最も大きく変わることになる。最大の特徴は、キーボードとトラックパッドだろう。従来のトラックパッドとは違う新しいマルチタッチスクリーンが搭載される。また、QuicTime 専用に開発されたビデオチップが搭載される可能性もあり、MacBook Proに迫るビデオ処理能力が与えられることにもなりそうだ。外観のデザインは、MacBook Air に近く、筐体の素材は、これまでの強いポリカボーネート製からデリケートなアルミ製筐体に変更されるよう。
モバイルマシンとしての MacBookは、乱暴に扱っても壊れないが定番。新しいアルミ製筐体の MacBook ではそうはいかない。モバイルマシンとして、今のうちに現行モデルのMacBookを1台購入するユーザもいることだろう。

一方、iPod touchは、iPhone 3Gが国内で発売されるまでは、人気の高い製品であったが、iPhone 3Gが発売されてしまうとその機能も霞んで見えてしまった。iPod シリーズで唯一マルチタッチスクリーンが搭載されているモデル。新しい iPod touch は、スクリーンのサイズなどから考えて従来モデルとさほど変化がないのではないか。ただし、メモリ容量のアップと価格の引き下げが予想される。
Xデーは来月15日、スペシャルイベントで新しいモデルが発表されと予想している。

来月15日は注目です。