鈴鹿

テーマ:
サンドウィッチマン 富澤たけしオフィシャルブログ「名前だけでも覚えて帰ってください」Powered by Ameba-110731_195741.jpg

8耐が終わりました。

最初に目標は15位とされたこと、優勝を狙えないのになぜ何回も参加するのかがわからなくてプロのメカニックの方に尋ねました。

『それは終わったらわかりますよ』

と、メカニックの方は言いました。

上位のチームは何千万、下手すれば億という額をかけてマシンとチームを編成しているそうで、直線で10キロ近くスピードが違うらしいです。

そりゃ勝てない。

でも優勝賞金は1千万円。

上位チームも本当に『8耐優勝』の名誉が欲しくて参加している。

レースが終わった瞬間、メカニックの方が言った。

『富澤さん、わかりましたか?こういうことなんですよ』

優勝できないチームでも真剣に怒って、泣いて、笑って、8時間経った時に参加した者だけが得れる『何か』を手に入れることができる。

今はわかる。


この夏、『素人が8時間耐久バイクレースのメカニックを担当する』という、無謀ともいえる挑戦をしました。

この経験をした僕らにとって、『鈴鹿の夏』は人生の宝物の一つになったに違いない。



よくわからない?


オンエアーを見てもらえばわかりますよ…!