1974~1998

テーマ:
photo.jpg

テレビは難しいですね…。
でもスタッフさんも出演者さんもみんないい人ばかりで、何もできない僕らを助けてくれるんです。
テレビに出る度そんな優しさに触れると人間嫌いだとか言って心を開かない自分の器のリトルさにヘドが出ます。
そのヘドをバケツ一杯に貯めてまた飲もうと思います。
さてM‐1を機に僕らを知ってくれた方にもわかるように経歴を書いてみたいと思う。
 
1974年~東京で生まれる。右目が開かない病気の為手術する。半年で名古屋へ転勤。
 
1980年~ともしび幼稚園を中退して新潟へ転勤。新潟なのに山潟小学校入学。三年生から新しくできた桜ヶ丘小学校へ。
 
1984年~宮城県、仙台へ転勤。『だべ』『だっちゃ?』などという方言を初めて聞き、とんでもない田舎に来てしまったと感じた。
 
1987年~中学校入学。このころには『だべ』も『だっちゃ?』も完璧に使いこなしている。さぼれると聞いた柔道部に入るも、一年生はそんなにさぼれず。小6の時に『コロコロコミックを貸すのを拒否した』為に兄貴にボコボコにされた恨みを晴らす為に技を磨く。
後に、待ちに待った兄弟喧嘩で兄貴をボッコボコに…。
我ながら律儀な性格だ。
 
1990年~仙台商業高校入学。『ラグビーがやりたいからラグビー部がある学校がいい』と親には説明したが、実は単に学ランが着たかっただけである。しかし、僕らの代から制服がブレザーになるという予想外の展開が待ち受ける。このラグビー部で相方と出会う。ちなみに三年間同じクラスには一度もなっていない。
その後学校は移転し、僕らが通った川内の校舎は跡形もなく消えている。
原付きが欲しかったので生まれて初めてレストランで皿洗いのアルバイトをする。
後にレストランは跡形もなく消えている。
 
1991年~ピザ屋でバイトを始める。この時の経験が後に『デリバリー』と名付けたピザ屋ネタになる。
 
1993年~高校を卒業するもボンヤリと芸能の世界を志していたので就職はせず、そのままピザ屋の『店長代理』へ。
後にピザ屋は跡形もなく消えている。
 
1995年~『仙台夕やけ劇場』というライブが始まる。
MCはドンドコドンさんでロンブーさん、ココリコさん、はりけ~んずさん、品川庄司さん、モリマンさんなど銀座七丁目劇場の芸人さん達が週替わりで出演した。
『多分これだ!』と伊達を誘うが仕事をやめれず別の相方と組む。オーディションを受けて素人コーナーに合格。駐車場のバイトの合間にネタを書きながら出演。コンビ名は『ゆやゆよん』。同期には電波少年的アルマゲドンでシェルターの穴を掘っていた、今はなき『ポプラ並木』も別々のコンビでいた。
 
1996年~『仙台夕やけ劇場』閉館。僕の思い出の地はほぼなくなる運命だ…。
『MYCALよしもと大博覧会in東京ドーム』にて素人のお笑い全国大会に出演。
東北地区代表として東京ドームで行われた大会では決勝の10組まで残るも敗退。ゆやゆよん解散。
 
1997年~ブラブラする。
 
1998年~現相方の伊達とポプラ並木の二人とその他何人かで合同コントの自主ライブ『忠志74』を開催。
伊達が会社をやめ、『ゆやゆよん』のコンビ名で仙台駅ビル『エスパル』で初舞台。ドンドコドンさん、ガレッジセールさん、ペナルティさんなどの前座として出演するもダダズベリ。
出鼻をくじかれたまま上京する…。
 
つづく