★★★

 

「チェインドッグ」

(後に「死刑にいたる病 」と言うタイトルに改題され文庫化)

が面白かったのでこちらも手に取りました。

ラブ&サスペンス最新作とありましたが、漫画チックなドタバタラブコメディと言った印象を受けました。

少し前にテレビで「代行・代理出席サービス」のニュースを見ましたが本作も主人公が結婚式の代理出席者である「サクラ」のバイトをする事で起こる事件が描かれています。

どこか現実味がないので、あまりのめり込むが出来ず
インパクトがなかったせいか読後感も物足りませんでした。

櫛木さんにはやはり「チェインドッグ」の様な心理戦を含んだ
ゾクッとする物を期待します。