夕刻から、加古川市東神吉町にある「KEIZO ハウス」へ。明治初期に金川銀行(兼住宅)として建てられた建築物です。江戸時代、姫路藩の時代に家老河合寸翁の政策に従って加古川を利用した綿花出荷で財を成した金川家が始めたのが銀行でした。

現在は石の芸術家 牛尾 啓三先生がオーナーとなり、5年振りに一般公開されるということでお声がけ頂きました。


牛尾先生と。メビウスの輪の作品の前に。高校の先輩でもあります。

 【参考】産経新聞による今回の取り組み紹介

















2階へ












本当に凄かったです。私、国指定重要文化財の永富家住宅(たつの市)や県指定の三木家住宅(福崎町)に行ったことがありますが全く引けをとりません。石の造形も相俟って最高です。

次回公開の際は牛尾さんに私が宣伝するので教えて欲しい旨お願いしました。いやあ来てよかったです! 

【県公館中庭には牛尾さんの作品があります】
元町駅西口から坂道を山側へ数分のところに兵庫県公館がありますが正門からその中庭を通って県庁方面へ向かうすぐのところに牛尾さんの寄贈されたメビウスの輪の作品があります。歩いて県庁に行かれる際には是非ご覧下さい。