総務常任委員会の管内調査。上郡町光都の西播磨県民局。総務企画室・県民交流室・龍野県税事務所の所管事務の調査。

西播磨県民局

遠藤局長の挨拶


成果を上げている姫新線利用者の拡大状況

管内の税目別構成比。軽油引取税の比率が極めて高い。

理由は当然質問すべき事項だが質問しなくてもきちんと説明が書いてある!

管内自治体ごとの個人県民税額と徴収歩合

その後、たつの市新宮町の西播磨文化会館。高齢者大学の運営と地域づくり活動拠点としての調査。


久戸瀬館長の挨拶


会館機能の利用者は年間9万人あるが、高齢者大学・大学院の卒業生は2千人を少し超えたくらいに留まるほか、たつの市民がその多くを占める。県という広域行政で取り組む領域としては市町事業との徹底的な差別化がないといけない。

施設見学


令和踊り?の練習中

陶芸の窯場前

その後、姫路市三左衛門堀西の町のコープこうべ。消費生活の向上、地域づくり活動の拠点について県民との意見交換。


陰平本部長(中央)と組合員代表の西脇理事(右)

オリジナル商品の説明も



意見交換の場では私からSMの競争激化、COOPSというプライベートブランドの現状などについて発言。

私より先にコープこうべさんのFBで紹介されていた。

【旅立ち】
過日、議会事務局のSさんが来てお話があります、と。なんと、今月末で退職するんですと。えーっ…。当日記でも議場見学の案内役として登場してくれたSさん。

子どもに議場を案内する、この仕事が好きでずっと続けたいと聞いていたので驚きました。とはいえ、事情を聞いて納得。


写真は私の普通のスマホカメラとSさんのきれいに写るスマホアプリで撮ったもの!

「議会での勤務を無事終えました。短い間ではありましたが本当にありがとうございました。

最後の議場案内では、広聴課の方から最後の案内と聞いた学校の先生方のご好意で、子どもたち、みんな、わたしが議場から出るのを待って拍手してくださいました。

(その学校は昨年も議場見学に)
その学校の先生に、『去年も楽しかったけど、もっと楽しくなってた』と言ってもらえました」。

こういう仕事をしている人はどこでも活躍できますね。新天地でも頑張って!!!