先日100円ショップのセリアで買い求めた酸化銀電池を娘のキャラクター時計に入れる。マニアックな小型電池だがセリアで扱っている。時計屋さんに電池交換で持ち込んだら千円かな。安価なキャラクター時計なので諦める人が多いかもしれない。

しかし、いざ交換しようとすると電池の文字は読めないわ、ドライバーの開け閉めにてこずるわ、目のピント機能の衰え…。これは認めたくないがあれなのかな…。おまけにこの文章の「~読めないわ」「〜てこずるわ」の"わ"か"は"かどちらか迷う。こちらは頭そのものの問題。正解は「わ」だった…。これはなんとか合っていたが、上向くものはない…。おまけに朝早くから何をしているのかと怒られる。

事務所。県中播磨県民センターのKセンター長が来訪。何事かと思ったが…。ともかくアンテナが四方八方、おまけに高い。流石だ。

 
その後、姫路文学館で開催の広峯山顕彰会の総会・講演会。

講演は山本えりさんの「伊勢神宮と広峯神社」と題するお話。本格的な伊勢参りをされておられ、光景が目に浮かぶようでした。

また、講演に先立ちMBSのvoiceという番組で放映された東大資料編纂所の保立名誉教授の「当時全国で続いていた大地震を収めるために牛頭天王という地震の神様を八坂神社に移したことが祇園祭の始まり」と解説するVTRを見る。







保立先生の講演は昨年聞きましたが、インフルエンザの流行といった疫病のほか、地震も神様の怒りで起こったと古代の人間は考えたという説。山崎断層帯の端にあり、地震をおさめるための神社として廣峯神社の牛頭天皇が当時の朝廷に知られていたと。勉強になります。
 
昼食はフェスタ地下のタコピア。少し並んで待っていると、県議会3号館地下関係者、また、中学時代の同級生親子と遭遇。前者は神戸にお住いのはずだが、どうしても息子さんが食べたいということでこられたと。驚く。同級生は小学校の創立記念日ということでお子さんと一緒に。先日店の前を通ったが、食べれなかった。昔の思い出があり、たまにどうしても食べたくなる私のソウルフード。