自宅近くの田んぼで田植え作業、代掻き前の水入れが始まっている。これで夜はカエルが鳴き始める。私の子どもの頃から変わらないこの季節の風物詩だ。


同僚議員から連絡。昨日、先の統一地方選挙、神戸市会議員須磨選挙区で4年振りに復活当選された崎元ゆうじさんが亡くなられたという。元民主党兵庫県連時代からの付き合い。大いに驚く。

数日前にSNSで下のような元気な朝の街頭の姿をアップしておられた。元体育教師で、いつも日に焼けて健康的で元気なイメージしかない。しかも選挙で当選したとはいえ神戸市会議員の任期は始まっておらず、4日後の11日を待つばかりだった。2015年の思いがけない落選から4年、街頭によく立ってこられたことはSNSを見ていたのでわかる。ご本人のやりきれない思いを想像すると、この天の差配は全く良くない。それはないでしょう。合掌。


午後からプライベートな会議に対応。なんで私がと思うこともあるが私が動かなければ動かない。まだずれていないと思う。

昼食は自宅で塩焼きそば。先週、子どもたちの習い事の送迎に行ったときに食品売場に立ち寄ったが、プライベートブランドの焼きそばが一玉19円。お得だなと感じる感覚はなく、安すぎると否定的な気分になった。が、今日の麺は偶然その麺だった。この地域でも昔は地場の生麺の製造所が2つあった。いま廃業、移転してなくなった。規模の小さなところではこの価格で利益を出すのは無理だろう。生麺だけではない。豆腐や納豆、もやしなども昔に比べても驚くような低価格なものがある。地域で廃業した業態の中では設備投資の借金で自殺に追い込まれた経営者も知っている。安すぎる。どこかで歪が出ていると思う。フェアトレードといった考え方のように買う側も少し考えたい。とはいえ美味しく頂きました。