奇跡は人との出会い | 羽生結弦くんにメロメロ♡めろん

羽生結弦くんにメロメロ♡めろん

羽生結弦くんを絶賛応援中!!好き過ぎて妄想小説も書いてます。みんなで溢れる想いを共有しませんか?


テーマ:






またまたいっぱい情報きてるね!
(追いつくのが大変だよ!っていうか追いついてるの?私あせる)


何からいく?まずマイレピ!




一部抜粋

フィギュアに向いていると思うことですか?うーん、そうですね…。小学生くらいのときに、気づいたことなのですが自分自身を客観的にイメージする力が強いと思います。なんて表現すればいいんだろう…。壁に目があってそこに映る自分を「視覚的に」イメージできるという感覚です。これは特殊で自分が得意なことなんだと、その時に気づきました。


うおー!でも前も何かのインタビューで言ってたな。

よくアスリートはイメトレするけど、自分自身を視覚的に他の視点から見る感覚を持ってる人は少ないのでは?
フィギュアスケートという競技が表現する事にも重点を置く競技だから更にこんな感覚が強くなるのかな?


他にも「納得するまで聞き、納得してから+‪αで試していき、自分のイメージにすり合わせていく」という事もいってる。

これって平昌オリンピックのFSの時、本番まで4Sが決まらなくてブリアンの言葉と自分が4Sを降りた時のフォームを3Dのように合わせて跳んだって言っていた言葉に通じる!


本当に体感出来てるんだなぁ。

普通はイメージは沸くけど実際にやれるのとは違う場合があると思うけど、それをやってしまう、出来てしまうのが羽生くんなんだなぁお願いドキドキ

全文はこちらで



そして迷いに迷ってまだ「買い物かご」に入れたままの状態のコレあせる


ランチョンマットはその機能を果たせず、私のクリアファイルを入れるクリアファイルに入る可能性大だけどねあせる

どこかのスーパーでゲリラ的に販促で配ってたと聞けば「限定」とか「特別」とか「偶然出会いたラッキー」的な感じでいいないいな!欲しいな!って思うけど、「さー!どーぞどーぞ!たーーーんとありますよ!?ただ、お金もたーーーんまり払ってね」ってなると、途端に躊躇するのは何故だろう?
 

楽天は

yahoo!ショッピングはこちら


そして昨日のLINEスタンプー!!



とにかく何かにこじつけて押しまくってます!

娘からも「羽生(呼び捨て)のLINEスタンプ出たんだねぇ」ってLINEが



今朝のzipにも来てたのね。




感謝の気持ちを表したスタンプが3つもある。
このスタンプの売上は全額東日本大震災の復興支援基金に寄付されると。

羽生くん
  

感謝するのは私たちの方なんだよ。


でもこうやってお互いに感謝できる関係性って幸せもののファンだよね照れ

キャプはぴのさんの動画をお借りしました。




そしてANAにゆづのコメント動画きてたのね。

  



当たった人にマドラーも届いたのね。





今回のkiss&cry楽しみー!
山口さんも寄稿してる!


他のフィギュアごとは昨日結果の出たユニバーシアードと今夜女子SPと男子FSのあるJr世界選手権。

高志郎くん12位、達ちゃん20位と厳しいスタートだなぁって思ったけどトップとの点差を見ると約8点差。FSで巻き返せる可能性ある。

2010年のジュニア世界選手権で、羽生くんは1枠で臨んでの優勝。枠を3枠にしたのよね。
プレッシャーも半端なかったと思うけど、それを乗り越え、やり通してしまう王者の資質。

     

まさにこれ!!


感謝が宇宙レベル!!

あー!そのゆづに!!会えるまで2週間を切った!!ドキドキ!←まだ何も準備してない!気ばかり焦ってる!でもまた動画とか見ちゃったあせる←それでブログupするのもこんな時間にあせる


そーだ!そして忘れちゃいけない!←忘れてた



Lencoreとプレリクエスト、今日の13:00から申し込み受付。 
ローチケ

でもまだ他のチケットサイトは来てないし、FaOI仙台のチケット情報も来てないね。

ちなみにスイマセン、私はFaOI幕張金日と仙台土日のチケット当たりました。みなさんに先立って申し訳ない気持ちですが嬉しいです。


でもまだゆづin発表されてないからねあせる
いつもドキドキなんだよなぁ。


と、私が現在把握してる情報はここまで(多分)



ちょっとここからワタクシ事ですあせる

昨日ね、友達とトルコ料理の店に行ったの。

いつか食べてみたいと思ってて、私がぐるなびで探して友達に付き合ってもらった。


とてもこじんまりした店でインテリアも可愛い






トルコランプ?凄く綺麗!!






ひよこ豆のスープとかサラダのドレッシングも初めて食べる味お願いドキドキ




前菜も野菜とヨーグルトを和えたものが多く、ケバブとかはスパイシー、ピザやトルコパンも凄く美味しかったドキドキ



でも食べ終わる頃、友達が体調を崩して倒れてしまって。

店員の男の人も心配してくれて。

タクシーを呼ぶからと言ったんだけど「この辺、この時間タクシー捕まらないですよ」って。

確かにタクシーを拾える通りまで行くのも大変。救急車を呼ぼうか、でもそこまでではないかと迷っていたら、その店員の男の子が「今日、車で来てるから送りますよ。タクシー捕まらないと思うし、きっとかなり高いですよ」って言ってくれたの。

迷ったけど確かに助かる。彼女の家も遠かったしタクシーだといくらかかるか分からないくらい。もっと若ければ「そんなこと言って襲われちゃったらどうしよう?」なんて心配もあるかもしれないけど、そんな事より彼女の事が心配だった。


申し訳ないけど彼に頼んで送って貰うことにした。

彼の名は仮にアールと呼ぶ。アールは友達を抱き抱えて車に乗せてくれて私は助手席に乗り込んでナビに友達の住所を入れた。

途中でガソリンを入れて友達の家まで約1時間。

その間に彼の事を少しずつ聞いた。

アールはイタリア人の父親とトルコ人の母親をもつハーフ。かなりのイケメンで日本語がとても上手い。


私「とても日本語が上手だけど日本に来て何年なの?」


アール「4年です。今27歳で大学を卒業して日本に来ました」


アールはずっと敬語だった。


私「何で日本に来たの?」


色々聞きすぎると失礼かなとも思ったけど、さっき会ったばかりの人と1時間も車の中で沈黙でいるのは気まずい。

アール「前に家族で初めて海外旅行に来たのが日本だったんですよ。その時の日本の印象がとても良くて。みんな親切で」


日本のどこに旅行に来たのかは聞かなかったけど、自分の国を褒められて、印象良かったと言われれば嬉しい。


アール「でも帰国したら事故で両親が一片に死んでしまって。私だけで助かったんです。逃げのびたんですよ」


私は言葉を失った。



どんな事故だったのか聞かなかったけど「自分だけ助かった」と言うのは、きっとその事故にアールも巻き込まれていたからだ。


兄弟もなく一人っ子で悲しい気持ちを分かち合う者がいない。


どんなに辛かったろう。


アール「その頃、辛いことがいっぱいあって。大学は父の希望で入ったので卒業はしたけど、国にいたくなくて。どこか遠くの国に行きたかった。その時に家族で旅行して、いい思い出のある日本が浮かんだ」


でもアールは日本に来た時、一言も日本語が話せなくて、凄く勉強して覚えたと(ちなみにナビの日本語、漢字も全て分かってる)

イタリア語、トルコ語、日本語だけじゃなく英語もフランス語も話せるそうだ。


でも日本は外国人にとって住みにくいと言っていた。


今、住んでる所を今月中に出ていかなくてはならないけど、外国人の場合、部屋を借りる時に必要な保証人をたてるのが難しい。  


そんなに他国語を話せるなら、そっちの方面の仕事も出来そうと言うと、話せるくらいでは仕事にはならないと言っていた。


そうこうするうちに友達の家に着き、なんとか友達を家に送り届けた。


もう終電もない時間だったので、そこから私の家に送ってくれるという。

友達の家から私の家まで県をまたぐ距離だったけど、そこから帰る手段がないのでお願いするしかなかった。


向かってる最中にしきりに腰がどんどん痛くなってる。まるでナイフに刺されたような感じでとても痛いと。

症状を聞いて思い当たるのは…

彼は私の友達を地面から抱き抱えて車の後部座席に運んでくれた。


私「アール、それ多分ギックリ腰だよ。ギックリ腰って分かる?」

分からないと言うので2回ギックリ腰の経験のある私はギックリ腰の症状、対処、処置など説明したけど、見ず知らずのお客さんをガソリン代、高速代まで出して送って挙句の果てにギックリ腰までなってしまって、踏んだり蹴ったり。

まだ27歳なのに

アール「私も色々大変だった時がありますから」 

と言って助けてくれた。


私は家まで送ってもらい膝のために1枚だけ持ってた湿布を渡し「後日、お礼に行くから(友達が)」と言って近くにある24時間営業の大型薬局を教えた。


帰りに湿布とコルセットを買うという←私が教えた(その時間、夜中だし翌日は土曜で、やってる整形外科もあまりないおそれがあったので)


アールはとても痛そうにしてたけどニッコリ笑って「おやすみなさい」と言ってくれた。



友達の家と私の家、走行距離は100kmを越えた。




アールの家は、トルコ料理の店から10分だった。







世の中には年齢関係なく


辛い想いをした事があるから他人に優しくしてくれる人がいる。


アールもだけど



羽生くんもそんな人だと思う。



私は今までの人生で



母が事故にあって生死をさまよった時と


昨年、とても大切な人を失った。



出来ればそんな想い、誰だってしたくない。



辛かった時



もう立ち直れないと思った時



誰かに心が救われた事があるなら



その感謝の気持ちはとても一言ではいえない。



私はこの世に「奇跡」というものがどれだけあるか知らないけど 



確実に、確かに、強く思うのは


人との出会いこそ奇跡



私たちが羽生くんに出会えたことも



昨夜、途方に暮れていた私がアールに出会えた事も小さな奇跡   


 人は独りでは生きていけない。



支えられて生きていると実感した夜



私も誰かに優しく出来てるかな。



優しくしたい、そういう人で在りたい。



特に羽生くんに出会ってから強く思うようになったよ。




心から感謝を込めて。


人気ブログランキング

今日は結婚記念日。ケーキでも買ってこよう。

めろんぱんつさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ